秦野版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

92歳の栗原嘉一さん(渋沢) 西公民館の歴史語る

文化

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena
初代西公民館の外観
初代西公民館の外観

 今年8月秦野市立西公民館が西中学校体育館との複合施設として完成。真新しい建物は、既に市民が様々な活動で利用している。

 同公民館はこの建物が3代目。初代公民館の設置に尽力したひとりが、渋沢に住む栗原嘉一さんだ。栗原さんは1928年生まれ、現在92歳。有機農法にこだわる現役の農家として、今でも毎日朝から畑に通う。

軍の施設の払い下げを活用し設立果たす

 栗原さんが公民館の建設に向け活動を開始した1953年、渋沢地区を含む当時の西秦野町には公民館が一つもなかった。当時西秦野町青年団長を務めていた栗原さんは、町民皆が集まれる場所が必要だと考え、婦人会や農家の団体と協力し、公民館設立促進委員会を立ち上げ町に働きかけた。しかし、戦後わずか10年足らずのこの時代、町の財政は厳しく、当時の町長から「新しい資材で公民館を建設するのは不可能」と判断された。その結果東京都立川市の旧陸軍の施設を活用することになった。解体や運搬などには役場の職員や市民らが参加し1956年8月、念願の公民館が現在秦野市消防署西分署の場所に誕生した。栗原さんは「夢中で取り組んだ。議会に乗り込んだこともあった」と思い出を語る。その後1963年西秦野町は秦野市と合併し秦野市立西公民館に。1973年2代目の公民館が建設されるまでの17年間、市民に利用された。

当時公民館で結婚式が人気

 公民館の役割も時代によって変遷した。その一つが結婚式。自宅ではなく会場を借りて人を招く様式が増え、それに伴い公民館で結婚式を挙げるカップルが急増した。初代西公民館でも延べ350組を超える結婚式が執り行われたという。「うちの親戚も西公民館で式を挙げた、にぎやかだったな。この時代に公民館の結婚式が流行っていた」と栗原さんは振り返って話した。

1966年 西公民館で行われた結構式の様子
1966年 西公民館で行われた結構式の様子
昔を語る栗原さん
昔を語る栗原さん

秦野版のローカルニュース最新6

69人が協力

69人が協力 社会

あづまLCが献血

5月14日号

球根掘りをお手伝い

球根掘りをお手伝い 文化

秦野戸川公園のチューリップ

5月14日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

4月18日〜5月1日

5月14日号

出品作品を募集

出品作品を募集 文化

秦野美術協会展

5月14日号

末松茂敏ピアノコンサート

末松茂敏ピアノコンサート 文化

タウンニュースホール

5月14日号

こころの健康について

専門医に聞く

こころの健康について 社会

今だから知っておきたいこと

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第2回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第2回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    5月14日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter