秦野版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

秦野から箱根路へ

教育

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 1月2日と3日に開催される正月の風物詩「東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)=10区間計217・1Km)」。97回目の今年、秦野市にゆかりのある須藤拓海選手(法大)と桐山剛選手(拓大)が各大学のエントリーメンバー16人に選ばれた。昨年の「かながわ駅伝」ではチームメートだった2人。「今回はライバルになるが、お互いベストを尽くしたい」と口をそろえる。

「チーム貢献の走りを」法政大学 須藤拓海選手

 6年連続81回目の出場となる法政大学。秦野高校出身の須藤拓海選手(4年)が前回に続き、エントリーメンバーに選ばれた。

 西中学校時代から陸上を始めた須藤選手。市町村対抗かながわ駅伝競走大会に秦野市代表で6回出場、現在は同大学陸上競技部の長距離ブロック副主将を務め、チームをけん引してきた。

 座右の銘は高校時代の恩師の言葉で「天才は有限、努力は無限」。大学4年間、この言葉を胸に陸上に打ち込んできたという。コロナ禍で練習が思うようにできないことも多かったが「調子、走力、状態すべてが順調に調整できている」と須藤選手は話す。

 須藤選手にとって、箱根駅伝は子どもの頃から憧れてきた大会。「前回はメンバー入りで満足してしまい、出場は叶わなかった。今大会は秦野市にも近い6区・山下りを走ることが目標。区間エントリー入りできたら、チームに貢献したい」と意気込みを語った。

「ベストを尽くしたい」拓殖大学 桐山剛選手

 8年連続42回目の出場を決めた拓殖大学で、初のエントリーメンバー入りを果たした桐山剛選手(3年)。10月の予選会で全体37位・チーム2位の走りで、本選出場に貢献した。

 東小学校に通っていた頃から走ることが好きだった桐山選手。相洋中学(小田原市)に進学後、本格的に長距離をはじめた。かながわ駅伝では高校3年生と大学2年生のときに、秦野市代表で走っている。

 昨年はコロナ禍でチーム練習ができず、「自主練習でモチベーションを保つことが難しかった」と振り返る。それでも幼い頃から夢見ていた箱根駅伝を目標に、練習に励んできた。

 念願のメンバー入りを果たした今大会。「やっとスタートラインに立てた」と桐山選手。希望区間は、子どもの頃から親戚と沿道で応援していた4区。座右の銘は「満足より継続」。「区間エントリーされたらベストを尽くしてチームに貢献したい」と目標を話した。

法大・須藤拓海選手
法大・須藤拓海選手
拓大・桐山剛選手
拓大・桐山剛選手

秦野版のローカルニュース最新6

デジアナスタンプラリー一時中止

デジアナスタンプラリー一時中止 経済

緊急事態宣言受け

1月15日号

時短要請に迅速対応

飲食店組合

時短要請に迅速対応 経済

組合員にポスター配布

1月15日号

交通安全の標語募集

交通安全の標語募集 社会

1月31日に締め切り

1月15日号

市長動向

市長動向 政治

1月5日〜11日

1月15日号

約80席の特別なコンサート

約80席の特別なコンサート 文化

タウンニュースホール

1月15日号

記念映画「咲む」上映会

記念映画「咲む」上映会 文化

1月31日 クアーズテック秦野で

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

草や木の実で遊ぼう

草や木の実で遊ぼう

くずはの家で観察会

1月23日~1月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク