秦野版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

高梨茶園 災害復旧の感謝を込めて 自家産のお茶を寄贈

社会

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
高梨さん親子が市長(中央)に直接届けた
高梨さん親子が市長(中央)に直接届けた

 高梨茶園(秦野市菩提)の3代目である高梨孝さんと4代目の晃さんが4月7日に高橋昌和市長のもとを訪れ、自家産のお茶を秦野市に寄贈した。同園が2019年に大きな被害を受けた台風19号の復旧協力に感謝の意を示したもので、福祉施設に届けられる。

 高梨茶園では激甚災害に指定された台風19号で、300アールある茶畑の1割が被害を受けた。同園では初代が茶畑を切り開いてから60年以上経ち経済的寿命を迎える木が出始めていたため、15年ほど前から荒廃地を活用して規模を拡大。お茶の木の入れ替え作業を行っていた。

 台風19号の被害を受けたのは、入れ替えのための幼木を定植した場所。お茶の木は収穫できるようになるまで5年ほどの歳月がかかるが、翌年には収穫が見込めるまで育っていたエリアの木が、根こそぎえぐられ崩れてしまった。

 「居ても立っても居られず翌朝早くに畑に行ったが、その光景を見て茫然としてしまった」と話す孝さん。とても親子2人で復旧できる状況ではなく、途方にくれた。

 そんな中、市やJAの担当が支援し、国の補助金を活用するなどして農地は無事に復旧。今年3月には、4日間で延べ43人のJA職員や地域の農業従事者が手伝い、8千本の幼木を定植した。

 「県内では山北に次ぐ2位の生産量があり、秦野の特産でもあるお茶を復興させようと、みんなが協力してくれたことが本当に嬉しい。感謝しかないです。地域に恩返しをしたいと思った」と孝さんは思いを語る。

 寄贈された緑茶・ほうじ茶(ティーバッグ50個入×34袋)は、市内の特別養護老人ホーム7施設と障がい者入所施設9施設に贈られる。

地域の人たちが幼木定植に協力
地域の人たちが幼木定植に協力

秦野版のローカルニュース最新6

55歳以上の雇用創出へ

秦野市

55歳以上の雇用創出へ 政治

生涯現役促進地域連携を開始

6月11日号

寄付

寄付 社会

6月11日号

SDGsパートナー5社に

SDGsパートナー5社に 社会

秦野市から4社を追加

6月11日号

夏休みの新聞作り講座

夏休みの新聞作り講座 社会

東公民館で全2回

6月11日号

秦野事件簿

秦野事件簿 社会

5月16日〜5月29日

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 第3回「ビバ渋沢栄一!」

    NHK大河ドラマ「青天を衝け」主人公 渋沢栄一が遺したもの 連載寄稿

    第3回「ビバ渋沢栄一!」

    エッセイスト・加藤正孝(鶴巻)

    6月11日号

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter