秦野版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

鶴巻地区 大山灯籠ともる 夜道照らす伝統行事

文化

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena
無事灯籠建てを終えて笑顔の保存会会員
無事灯籠建てを終えて笑顔の保存会会員

 大山詣りの旅人たちの夜道を照らす大山灯籠に灯りがともった―。

 地域住民の手で240年以上受け継がれ、市指定無形民俗文化財にも指定されている「鶴巻下部大山灯籠行事」。この伝統行事を継承している鶴巻下部大山灯籠保存会(関野行夫会長・29人)が今年も7月25日に灯籠建てを行った。

 午後5時、灯籠建てを行う鶴巻第一自治会館前に三々五々集まってきた会員らは、「これからも地域の伝統を保存継承していきましょう」との関野会長の発声を合図にお神酒でのどを清め、灯籠建てが始まった。

 鶴巻下部の灯籠は常夜灯でなく、毎年7月25日に組み立てを行い、8月18日に解体する。大山の夏山期間限定で行われる献灯が特徴だ。揃いの青いTシャツを着た会員らは吹き出す汗をぬぐいながら、息を合わせ組み立てていった。覆屋ができ、最後に灯籠に灯がともったのは午後6時半。まだ夕闇に包まれる前の時間だったが、ろうそくに灯がともると、辺りには静かな空気が流れた。

 大山への信仰が庶民に広がったのは17世紀初めごろからといわれ大山への参詣講である「大山講」が形成された。この大山講の広がりとともに大山灯籠も始まったといわれる。灯籠の竿部分には明和6年(1769)建立、文政5年(1822)再建と刻まれている。

 灯明期間は8月17日(火)まで。灯がともるのは午後6時ごろからろうそくが尽きる約2時間ほど。8月18日(水)の灯籠解体は午後5時から。自由に見学できる。場所は鶴巻第一自治会館敷地内(秦野市鶴巻南4の8の2)。
 

声を掛け合いながら灯籠の覆屋を建てる会員ら
声を掛け合いながら灯籠の覆屋を建てる会員ら

秦野版のローカルニュース最新6

市長動向

【Web限定記事】

市長動向 政治

9月13日〜19日

9月24日号

輝きたい女性を応援 ビジネススキルアップ講座

【Web限定記事】

輝きたい女性を応援 ビジネススキルアップ講座 社会

10月30日と11月6日

9月24日号

10月イベント情報

万葉の湯 はだの館

10月イベント情報 社会

9月24日号

たばこ祭デザイン切手お目見え

認知症 を知ろう

特集

認知症 を知ろう 社会

9月はアルツハイマー月間

9月24日号

詐欺防止を啓発

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初心者向け風景スケッチ教室

【Web限定記事】

初心者向け風景スケッチ教室

参加者を募集

10月4日~10月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook