横須賀版 掲載号:2017年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

乳がん検診は専門外来へ早期発見・治療が重要

前田 長生 院長
前田 長生 院長
 女性が患う「がん」の中で最も多いとされる乳がん。30歳代後半から増え始め、40歳代で罹患率が高くなるといわれる。

 乳がんは、がん細胞が乳管内に留まる「非浸潤がん」と周囲の組織まで広がった「浸潤がん」に大別される。「浸潤がんの状態でも早期に発見・治療すれば90%以上が助かるといわれています」と話すのは、「大滝町乳腺消化器クリニック」の前田長生院長。横須賀中央駅徒歩5分の同院には、数少ない乳腺専門外来があり「乳房の変形・ひきつれ・しこりなどの違和感や不安がある人は早めに相談を」と話す。さらに「精度の高い診断には、マンモグラフィと超音波検査を組み合わせた定期的な検診が必要」と院長。同院では昨年1年間でマンモグラフィ約3300件、超音波は約4000件の検診実績がある。

 乳がん検診は30歳以上、毎年に1回を推奨。超音波検査は事前の予約が必要だが、マンモグラフィは休診日以外の毎日午後に検査を行っており、市のマンモ検診は当日予約も可能。時間は、30分〜1時間程度。

大滝町乳腺消化器クリニック

横須賀市大滝町2-12ヨコスカタワー7F

TEL:046-828-5506

http://www.oodakicho-clinic.com/

横須賀版のピックアップ(PR)最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク