平塚版 掲載号:2017年8月10日号
  • googleplus
  • LINE

夏空に映える桃色のフリル 社会

サルスベリが見ごろ

満開のサルスベリを観察する親子連れ(8月4日撮影)
満開のサルスベリを観察する親子連れ(8月4日撮影)
 市内寺田縄の花菜ガーデンのサルスベリが見ごろを迎えている。濃淡さまざまなピンク色や、ムラサキ色、白色の花が、夏の園内を彩り、8月下旬まで楽しめるという。

 サルスベリは名前の由来の通り、すべすべとした幹が特徴で、園内にはしだれるように花をつけるものや、低木のものなど約300本が植えられている。

 フリルのような花弁から英名ではクレープ・マートルと呼ばれる。丸く膨らんだ萼(がく)から、黄色い花粉をつけた短い雄しべと、6本の長い雄しべを確認できる。同園担当者は「花粉や蜜目当てのハチなどの虫を引き寄せるために、より目立つ形状になったのでは」と話す。

 市内から来園していた親子連れは「綺麗に咲いた様子が見られてよかった」と花を観察していた。

関連記事powered by weblio


平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハロウィーンを先取り

ハロウィーンを先取り

22日、クラフトマーケットで

10月22日~10月22日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク