大磯・二宮・中井版 掲載号:2017年5月5日号
  • googleplus
  • LINE

空手団体

同級3人 息合わせ全国へ スポーツ

二宮の原君ら「ベスト8」掲げ

左から久島君、原君、池田君
左から久島君、原君、池田君
 日本空手協会相州二宮支部の久島大典君(15)、原柊介君(14)、池田友哉君(14)が、8月の「文部科学大臣杯小学生・中学生全国空手道選手権大会」団体組手に出場する。3人は二宮中学校の同級生で、10年以上同支部で空手に打ち込む旧知の間柄。抜群のチームワークを武器に全国ベスト8入りを目指す。

 全国大会の選考を兼ねた4月2日の神奈川県空手道選手権大会で優勝し、上位2団体に与えられる県代表の権利を得た。原君は団体組手の他に、個人の形と組手でも出場を決めた。

 空手歴は共に10年以上。原君の誘いで久島君と池田君も入門を決め、時に励まし合い、時にライバルとして切磋琢磨してきた仲だ。他の道場では同級生でチームを組むことは珍しいといい、原君は「チームワークも僕らの持ち味です」と胸を張る。

 過去にも全国の舞台を経験した3人だが、思うような結果を残すことはできなかった。先鋒の久島君は「(自分の勝敗次第で)波を引き寄せられるかどうかが決まるのでプレッシャーはあるけれど、後ろに2人が控えてくれているのが心強い」と、3人で掴んだチャンスに雪辱を期す。大将の池田君は「どっしりと構えてカウンターを狙う、自分らしい空手ができたら」と意気込む。

 県予選の1回戦では、優勝候補と目された道場を破るなど勢いに乗る3人。原君は「自分たちにもここまでの実力があるんだと、自信が形になった。全国は実力者揃いですが、3人でベスト8を目指したい」と力強く宣言した。

関連記事powered by weblio


大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6件

大磯町の未来像探る

作者判明 時代超え編曲へ

子ども会の唄

作者判明 時代超え編曲へ

10月13日号

山岳事故想定 ヘリ使い訓練

二宮消防

山岳事故想定 ヘリ使い訓練

10月6日号

「痛恨の極み」町長謝罪

大磯町の給食問題

「痛恨の極み」町長謝罪

10月6日号

伝統文化を再発信

コーヒーに情熱注ぐ

二宮出身石渡さん

コーヒーに情熱注ぐ

9月29日号

大磯・二宮・中井版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク