多摩版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

多摩大学フットサル部 初の日本代表候補に選出 米田圭孝選手(1年生)「素直に嬉しい」

スポーツ

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena

 多摩大学(聖ヶ丘)フットサル部の米田圭孝選手(1年生)がこのほど、U-18フットサル日本代表候補に選出され、9月21日から23日に茨城県鹿嶋市立カシマスポーツセンターで行われたトレーニングキャンプに参加した。

 U-18日本代表候補は、2017年に開催が予定されている「AFC U-20フットサル選手権」を目指すチームで、18歳以下の現役Fリーガーから高校生までの18選手で構成。その中で米田選手は、大学生で唯一の選出となり、多摩大学フットサル部から初の日本代表候補選手となった。その米田選手に話を聞いた。

 ―初の日本代表候補選出おめでとうございます。

 米田・素直に嬉しいです。

 ―キャンプに参加されていかがでしたか。

 米田・みんなのレベルが高くて楽しかったです。今回選ばれた選手は、サッカー部の選手が多かったので、負けたくないという気持ちはありました。

 ―代表候補に選ばれた要因、自身のプレーの特長は何でしょうか。

 米田・3位になった全国大会で、試合終盤のパワープレーで得点やアシストを決めたのを見ていただいていたのかなと。左利きというのが特長で、パス、ドリブルが自分の武器です。

「全国優勝を」

 ―フットサルはいつから。

 米田・高校に入った時に、サッカー部とフットサル部のどちらに入るか迷っていて、サッカー部に入ったのですが、監督と合わず、フットサル部に入って本格的に始めました。高校では、神奈川県で優勝して、関東、全国大会に出たこともありました。

 ―なぜ多摩大学に。

 米田・福角監督がいたのが大きかったですね。日本でトップの選手でしたし、そうした指導者のもとで基礎から学びたいと思って選びました。

 ―大学の練習はどう。

 米田・厳しくてハード(笑)。監督は優しいですし、オンとオフがしっかりしています。高校では動き方が一通りだったのが、大学、代表ではいくつもあるのでそうした基礎的な動きを極めたいです。

 ―フットサルの魅力は。

 米田・サッカーよりもボールを多く触れるところ。攻守の切り替えが早いので、やるのも観るのも面白いところですね。

 ―今後の目標は。

 米田・東京都リーグ、関東プレリーグでの優勝。そして今年3位だった全国大会での優勝です。個人的には普段の練習から1対1を磨きたい。そして、代表に選ばれ続けるようにがんばりたいですね。

多摩版のローカルニュース最新6

次こそ本選でシード権獲得を

国士舘大

次こそ本選でシード権獲得を スポーツ

箱根駅伝報告会で再起誓う

2月20日号

ネコサポで図書返却が可能に

ネコサポで図書返却が可能に 教育

3月3日から 市内3店舗にBOX設置

2月20日号

特殊詐欺から守るために

防犯協会

特殊詐欺から守るために 社会

防犯作文優秀作品を表彰

2月20日号

文化フォーラムで会員交流

文化フォーラムで会員交流 社会

多摩稲門会 賀詞交歓会も

2月20日号

読み聞かせで健康寿命を延ばす

読み聞かせで健康寿命を延ばす 文化

大妻女子大多摩キャンパスで講座

2月20日号

五輪交通規制の確定前説明会

医師が語る健康知識

医師が語る健康知識 社会

新百合ヶ丘総合病院が主催

2月20日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

読み聞かせで健康寿命を延ばす

読み聞かせで健康寿命を延ばす

大妻女子大多摩キャンパスで講座

2月29日~3月7日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク