多摩版 掲載号:2015年12月3日号 エリアトップへ

”健幸づくり”への取り組み【8】 聴覚障害者の福祉向上等を コミュニケーション深める手話の普及・啓発

社会

掲載号:2015年12月3日号

  • LINE
  • hatena

 ニュータウンの開発によって転入してくる人が多かった多摩市。当時聴覚に障害を持つ人たちの支えとなる手話通訳をする人がいなかった。多摩市身体障害者協会の聴覚障害者部門として活動を行っている中で、手話通訳の育成を図るために1976年に手話講習会をスタート。1980年に、同協会から独立する形で多摩市聴覚障害者協会を設立。今年、35周年を迎え、記念大会を開催した。

 福祉制度の向上、手話通訳育成・登録、手話講習会の運営、会員相互の交流などの活動を行う。現在の課題は、高齢化と若い世代の協会への加入率。今後は、NPOと一緒に講習会の内容を充実させるとともに、高齢者のサロンを作るなど検討中だという。山崎誠会長は「多くの人に活動を知ってもらい、理解とコミュニケーションを図っていきたい。みんなで幸せに仲良く暮らせる街になっていければ」と今後に意欲を見せる。

-・-・-・-・-・-

 2006年に設立されたNPO法人多摩市聴覚障がい者情報活動センター(安部敏紀理事長)は、聴覚障害者福祉に関わる相談事業、聴覚障害者理解のための手話講習会等を行う教育事業、機関紙の発行等による普及・啓発事業、この3つ事業を柱とした活動を行っている。

 手話講習会は、市の委託を受けて通年で実施するほか、市内の小中学校や高校、大学、企業を訪問し、手話指導なども行っている。また社会福祉協議会との共催で、聞こえと補聴器の相談会も定期的に開催する。

 「聴覚障害者は、見た目だとわからない。コミュニケーションの壁があって通じ合えないことも多い」と話す安部理事長。そうした中でカギとなるのが手話だという。「手話の啓発を行い、理解してもらうことでコミュニケーションが取れる社会になってほしい」。その思いで今後も活動を行っていく。
 

多摩版のローカルニュース最新6

「多摩の文化を楽しんで」

「多摩の文化を楽しんで」 文化

「市民文化祭」市内3会場で

10月22日号

駅前放置自転車の解消へ

駅前放置自転車の解消へ 社会

 22日から31日まで クリーンキャンペーン

10月22日号

開館90年を記念して

開館90年を記念して 文化

旧多摩聖蹟記念館で特別展

10月22日号

計700Km 時間内に完走

自転車競技「ブルベ」 2大会に参加

計700Km 時間内に完走 スポーツ

南野在住 小坂智弘さん

10月22日号

マンションの近未来を考える

マンションの近未来を考える 社会

ベルブホールでセミナー

10月22日号

いつでもどこでも音楽を

いつでもどこでも音楽を 文化

「せいせき音フェス」今年はオンラインで

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

映像から学ぶNT(ニュータウン)開発

映像から学ぶNT(ニュータウン)開発

郷土史講座 関戸公民館で

11月4日~11月18日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク