多摩版 掲載号:2016年8月25日号
  • LINE
  • hatena

名作の数々を上映 ラスカル子ども映画祭 今年も盛況

文化

ラスカルも会場と子どもたちとふれあった
ラスカルも会場と子どもたちとふれあった

 市内和田に制作スタジオを構える日本アニメーションと、多摩市、キンダー・フィルムの共催による「せいせき桜ヶ丘 ラスカル子ども映画祭withキネコ映画祭」が8月6日・7日、関戸公民館等で開催され、子どもから大人まで数多くの人たちが会場を訪れ、数々の名作を楽しんだ。

 メーン会場となった関戸公民館ヴィータホールでは、2日間にわたって日本アニメーションが手掛けてきた『ちびまる子ちゃん』『あらいぐまラスカル』などの名作全14作品を上映。アニメ制作体験では、プロの声優による『うっかりペネロペ』の吹き替えに子どもたちが挑戦し、初日には、満席の会場で阿部裕行多摩市長も一緒に”生”のアテレコ体験した。その他にも、プロのアニメーターが使用する機材を使った「ラスカル」の作画体験や、キャラクターたちのグリーティングなども行われ、2日間とも盛り上がりを見せた。

 初日に「ペネロペ」役としてアテレコを体験した花房百合菜ちゃん(9)=国分寺市在住=は「キャラクターの動きと声を合わせるのが難しかった。また機会があればやってみたい」と笑顔で話した。日本アニメーションでは「今年は昨年以上の方にご来場いただきほとんど満席になりました。映画以外にもお祭り広場やワークショップなどお子様が楽しめる内容を盛り込みました。来年ももっと楽しめる催しを増やしていきたい」と話している。

(上)子どもと一緒に阿部市長もアテレコに挑戦(下)「ラスカル」の作画体験にも多くの子どもが参加した
(上)子どもと一緒に阿部市長もアテレコに挑戦(下)「ラスカル」の作画体験にも多くの子どもが参加した

多摩版のローカルニュース最新6件

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

宮崎滋氏の世界を

宮崎滋氏の世界を

ヴィータ・マンスリーコンサート

4月26日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク