多摩版 掲載号:2016年12月15日号 エリアトップへ

災害時に備え「準備を」 ボラセン設置・運営訓練に78人参加

社会

掲載号:2016年12月15日号

  • LINE
  • hatena
ボランティア登録の受付訓練
ボランティア登録の受付訓練

 多摩市社会福祉協議会(伊藤雅子会長、以下社協)は11月27日、総合福祉センターで市民や同協議会スタッフ、市職員ら78人が参加して「災害ボランティアセンター設置・運営訓練」を行った。

 大規模災害が発生した際に被災地の支援ニーズの把握・整理を行い、支援活動を希望する個人や団体の受入調整、マッチング活動を行うために臨時で設置される「災害ボランティアセンター」。多摩市では、災害時に協定を結ぶ社協が市と協力して設置・運営にあたることになっている。

 毎年行われている同訓練は、今年は3回にわけて行われ、10月14日に行われた第1回は「災害ボランティアセンターとは?」をテーマに、国士舘大学防災・救急救助総合研究所の永吉英記氏が役割などを講演。10月27日に行われた第2回は、スタッフ役、ボランティア役、被災者役に分かれて参加した43人が災害ボランティアセンターの運営ロールプレイングゲームを体験した。

「市民の協力が必要」

 最終日となった今回は、実際に災害が発生したと仮定し、災害ボランティアセンターの立ち上げから2日目の運営の流れの確認が行われた。訓練は、総務班、ボランティア受付班、マッチング班など複数の班に分かれて、市内外から訪れたボランティアの登録、被災者からの必要な支援情報の収集、被災地の巡回など、本番さながらの緊迫した雰囲気の中で行われた。

 今回の訓練を振り返って社協では「毎年開催しているこの訓練に今年も多くのボランティア、市民、関係者に参加していただいた。発災時は市民の皆さん協力が必要となるので、こうした講座や訓練を通じて、災害ボラセンのことを知ってもらい、いざという時に備えていければ」と話した。

多摩版のローカルニュース最新6

選手輩出へ始動

選手輩出へ始動 スポーツ

多摩市ダンススポーツ連盟

7月11日号

手作りオルゴールの発表会

手作りオルゴールの発表会 文化

7月20日 パルテノン多摩

7月11日号

来年4月に認可保育所新設

来年4月に認可保育所新設 社会

聖蹟桜ヶ丘駅近くに2園

7月11日号

聖蹟駅前に並ぶ1千鉢の大輪

聖蹟駅前に並ぶ1千鉢の大輪 文化

「あさがお市」今年も盛況

7月11日号

合唱とバレエが初共演

合唱とバレエが初共演 文化

ファミリーシンガーズ演奏会

7月11日号

「明るい社会へ」街頭で啓発

「明るい社会へ」街頭で啓発 社会

市内3駅で 延べ287人参加

7月11日号

初の実証実験「乗りやすかった」

初の実証実験「乗りやすかった」 社会

電動キックボード 多摩中央公園で

7月11日号

あっとほーむデスク

  • 7月11日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

たばこの煙はなぜ怖い?

たばこの煙はなぜ怖い?

「受動喫煙防止」シンポジウム

8月3日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク