多摩版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

プロのけん玉師に学ぶ 瓜生小で伊藤佑介さんが妙技を披露

教育

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena
教わりながら体験する子どもたち
教わりながら体験する子どもたち

 市立瓜生小学校(鈴木純一郎校長)に2月3日、プロのけん玉師・伊藤佑介さんが訪れ、1・2年生の児童たちにその妙技を披露し、けん玉のワークショップを行った。

 同校では、1・2年生の生活科で「昔遊びを知ろう」と授業を行っており、これまでにも日本伝統のコマまわしなど、様々な文化を学んでいる。今回は、その一環として、日本や海外でショーやワークショップを行っている日本初のプロけん玉師・伊藤佑介さんを招いて行われた。

苦手が大好きに

 授業では、伊藤さんがけん玉には3万種類の技があることや魅力を語りながら、大きなけん玉や複数のけん玉を使ったアクロバティックな”神業”を披露すると、子どもたちは歓声をあげ、大きな拍手が巻き起こった。また、中皿・大皿に交互にのせる技「もしかめ」で7時間35分35秒というギネス記録を達成したことなども紹介し、自身の経験に触れながら「好きなことを持ち続けることは大切なこと」と子どもたちに語りかけた。

 その後、行われたワークショップでは、子どもたちに持ち方や、皿にのせるコツなどを指導し、子どもたちは悪戦苦闘しながらもけん玉に挑戦した。

 今回の体験を通じて子どもたちは「家でけん玉ができなかったけど、正しいやり方を教わってできるようになった」「苦手だったけど大好きになった」と笑顔で感想を語っていた。

プロの技を披露する伊藤さん
プロの技を披露する伊藤さん

多摩版のローカルニュース最新6

ワクチン調製を担当 存在感増す

ワクチン調製を担当 存在感増す 社会

南多摩薬剤師会・会長に聞く

9月23日号

「変化し」子どもに楽しさ

熱中人

「変化し」子どもに楽しさ スポーツ

多摩ハンドボールクラブ 宮嶋良考さん

9月23日号

「子どもの虐待」考える

「子どもの虐待」考える 社会

11月に催し 参加者を募集

9月23日号

黒い「カナヘビ」捕まえました

新「紅茶・生茶」プレゼント

キリンビバレッジ

新「紅茶・生茶」プレゼント 社会

1箱(24本入)読者10人に

9月23日号

毎月第3火曜にLGBT電話相談

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook