多摩版 掲載号:2017年10月5日号 エリアトップへ

子どもの居場所づくりを 市適応教室に大学生が訪問

教育

掲載号:2017年10月5日号

  • LINE
  • hatena
同教室の杉浦教諭と伊東さん(右)
同教室の杉浦教諭と伊東さん(右)

 市立教育センター(諏訪)内にある「ゆうかり教室」に9月1日〜20日まで、東京純心大学の学生がインターンシップで訪れ、子どもたちの指導にあたった。

 同教室は、心理的な要因等で学校に登校できない多摩市の公立小・中学校に在籍する子どもたちを対象に、学習活動等を通じて学校生活への適応力を高め、早期の学校復帰への支援を行うだけでなく、学校以外での居場所づくりとして学習指導、集団活動を行っている。

 今年度から、東京純心大学(八王子市)と協定を結び、将来教員を目指している学生をインターンシップとして受け入れることとなった。協定締結後、初のインターンシップとして同教室を訪れたのは、現代文化学部こども文化学科2年の伊東楓さん。将来、小学校の教員を目指しているという伊東さんは、期間中、3人のベテランの先生たちと一緒に、子どもたち一人ひとりに対して英語や数学の指導にあたった。

「気持ちがわかる先生に」

 「うまく教えようというのではなく、子どもたちが来やすい場所づくりを心掛けた」という伊東さん。伊東さんを指導した杉浦孝子さんは「ここに来る子どもたちは、ありのままの存在を受け入れてあげることが必要。その中で、子どもたちが彼女に心を開いていた。年齢が近い分、身近な存在に感じたのでは。ベテランでも日々子どもたちから学び、教えてもらいながらの中で、彼女は貴重な存在だった」と話す。

 伊東さんは「今回のインターンシップでいろいろ学ぶことができた。すぐは難しいと思うけど、みんなの気持ちが分かる先生になりたい。その気持ちを拾い上げて、楽しく生活できる居場所を作ってあげられるようになれれば」と今回の体験と、今後の抱負を語った。

 同教室では「今回初めての学生の受け入れで成果は出たと思う。若い力が必要なので、純心大学と協力して継続して活動を広げていければ」と話した。

多摩版のローカルニュース最新6

「即時」アプリで飲食店応援

「即時」アプリで飲食店応援 経済

鶴牧在住・堀内さんが開発

3月4日号

7自治体と連携、課題へ取組 

多摩市

7自治体と連携、課題へ取組  社会

「まず共通HP」 人材交流も

3月4日号

コロナ収束願い、折り鶴

関戸の市国際交流センター

コロナ収束願い、折り鶴 社会

3月4日号

夜間学級を知って

夜間学級を知って 教育

「必要な人へ」 連絡会が活動

3月4日号

八王子の料亭、ひな人形100体

八王子の料亭、ひな人形100体 文化

店内33カ所 26日まで

3月4日号

不妊・不育症を学ぶ

不妊・不育症を学ぶ 社会

7日、講演会 関戸で

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

お問い合わせ

外部リンク