多摩版 掲載号:2018年5月10日号
  • LINE
  • hatena

若者へ「ボラ活を」 学生向けハンドブック完成

社会

多摩ボラセンで配布している
多摩ボラセンで配布している
 多摩市社会福祉協議会ではこのほど、学生向けの「ボランティアハンドブック」を製作し、現在、多摩ボランティア市民活動支援センター(関戸)で配布している。

 社協では毎年、学生向けに「夏のボランティア体験」を実施。体験後も続けられるようにと、大学教授やボランティア、多摩市青少年問題協議会らで構成される「センター機能強化検討専門員会」が今回のハンドブックを製作した。

 ハンドブックは「キミのやりたいことをボランティアに」をテーマに、学生たちが自分でできることや、やりたいこと、家や一人でもできるボランティア活動を紹介。中高生の意見も取り入れながら、イラストを交えてわかりやすいように作られたという。

 社協では、これから始まる夏ボラの広報とともに、ハンドブックを配布していく予定だ。「活動内容ごとに連絡先も掲載しているので、もう少し知りたいという場合はご連絡を。掲載されていないことでも、お気軽にご相談ください」と話している。

 なお、ハンドブックは、多摩ボラセンのHPでも公開されている。問い合わせは、多摩ボラセン【電話】042・373・6611へ。

多摩版のローカルニュース最新6件

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「支え合いの場」つくりませんか

「支え合いの場」つくりませんか

「ふれあい・いきいきサロン」説明会

2月19日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月7日号

お問い合わせ

外部リンク