多摩版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

子どもたちの未来に市制50周年へ555発の大輪 「KAOFES」「せいせきみらいフェス」大盛況

文化

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena

 多摩川河川敷の一ノ宮公園で9月15日、「KAOFES」「せいせきみらいフェスティバル」が開催された。会場には、3万5千人以上が訪れ、終日賑わいを見せた。

結束固めて

 「KAOFES」は、「子どもたちの未来の多摩のまちづくり」をコンセプトにした新しい形のイベントだ。地域の約90の企業や団体が参加し、仕事やワークショップ、食べ物・飲み物などのエリアにそれぞれ出店。子どもたちは、エンジニアや記者、医師などの仕事を体験し、もらったKAOマネーを使って、縁日やワークショップなどを楽しんだ。ひと際盛り上がりを見せたのが恒例の泡パーティー。噴射機から噴き出される泡を浴びて、子どもも大人も笑顔がはじけた。フィナーレには、この日のために聖蹟桜ヶ丘の店舗経営者5人で結成されたバンド「カオベンジャーズ」によるライブが行われ、会場を盛り上げた。

 石山弘明実行委員長は「毎年少しずつブースも増え、家族みたいな仲間が集まり、子どもたちのために汗を流してくれて感謝している。より大きく結束を固めて、今後も他にはないオリジナルのイベントにしていきたい」と今後に意欲を見せた。

より洗練したフェスに

 「KAOFES」に続いて行われた「みらいフェス」は、花火をひとつのツールにした市民手作りのイベント。多摩市出身のソング&ボイスアーティスト・SAORIさんによる歌と朗読の物語が披露された後、「大江戸ビートルズ祭り」とコラボし、4バンドがビートルズの名曲の数々を披露した。今年は2021年の市制50周年に向けて「GO!GO!GO!」と題して555発の花火が打ち上げられると、会場を訪れた多くの人たちから歓声と拍手が沸いた。

 妹尾浩也実行委員長は「会場の皆さんがリラックスし、幸せそうな表情だったのが嬉しかった。実行委員のひとり一人が感じたことをまとめて、来年以降、より洗練したフェスティバルにしていきたい」と今後に向けた抱負を語った。

多摩版のローカルニュース最新6

ロードレースを盛り上げ

ロードレースを盛り上げ スポーツ

市内6大学連携イベント

11月14日号

結成5周年、感謝を演奏で

結成5周年、感謝を演奏で 文化

Foreverコンサート

11月14日号

笑顔が残る終活を

笑顔が残る終活を 社会

唐木田駅前郵便局でセミナー

11月14日号

ハンセン病を知る

ハンセン病を知る 社会

人権のつどい『あん』上映会も

11月14日号

親子で宇宙を学ぼう

親子で宇宙を学ぼう 教育

11月30日 多摩桜の丘学園で

11月14日号

落花生の収穫など賑わい

落花生の収穫など賑わい 社会

「草むらの会」感謝祭

11月14日号

気候危機から環境考える

気候危機から環境考える 社会

エネ協 全3回で講座

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 9月5日0:00更新

  • 8月22日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

共鳴し合う「銅版画の世界」

共鳴し合う「銅版画の世界」

大池さん親子の展覧会

11月14日~11月20日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【8】 11/24〜1/5 岩手県釜石市〜東京都多摩市

    1月12日号

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【7】 10/28〜11/24 青森県八戸市〜岩手県釜石市

    12月1日号

  • ユウキのハピネス旅

    多摩循環型エネルギー協会企画 電チャリで日本一周挑戦

    ユウキのハピネス旅

    旅日記【6】 9/29〜10/28 北海道稚内市〜青森県八戸市

    11月3日号

多摩版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク