多摩版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

市バスケ連盟 中学年代強化へ 大会新設 12月28日に総合体育館で

スポーツ

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena
バスケ連盟の岸孝司理事長(右)と松田大輔会長
バスケ連盟の岸孝司理事長(右)と松田大輔会長

 多摩市バスケットボール連盟(岸孝司理事長)が主催する「第1回多摩市中学生バスケットボール交流大会」が12月28日(土)午前9時15分から、市立総合体育館で開催される。同大会は、市内の中学生たちに大会形式の場を提供することで、より多くの試合経験を積み、技術・チーム力の向上につなげてもらおうと、初めて企画・実施される。

 当日は、男子は諏訪、多摩永山、多摩、東愛宕の4校、女子は多摩、多摩永山、聖ヶ丘の3校に、招待校の府中第十を加えた4校ずつのトーナメント形式で行われる。岸理事長は「時間も市民大会などのように短縮せずフルタイムで実施するので、その中で様々な経験を積んでもらえれば」と話す。

機運醸成の一歩に

 かつて聖ヶ丘中学校が全国大会で優勝するなど、市内のバスケットボールのレベル、熱量が高かった時代があった。各地でミニバスケットボールチームが増加し始めると、そのOBが所属する中学校も強くなっていった。一方、市内にはミニバスは2チームしかなく、女子は1チームのみ。「スタートは実力差がでやすい」と岸理事長が話すように、市内の中学校バスケ部は大会で苦戦が続いているという。また、これまで連盟が関わっている大会は市民大会しかなく、多摩市の主管だった。

 そうした現状を打破しようと、市内中学校のバスケ部OBで現在もクラブチームでプレーする岸氏が、2年前に理事長に就任し、強化に乗り出した。自らが主体となる大会を今回初めて創設。今後、同大会を定期化していくとともに、子どもたちや、指導者向けのクリニックなども実施していく方針だ。

 「環境を整備することで、少しでも子どもたちの『バスケが好き』という熱意に応えてあげたい。この大会は機運醸成の第一歩。市内でバスケをもっと盛り上げていきたい」と語った。

多摩版のローカルニュース最新6

「原峰のかおり」を使ったレシピ募集

「原峰のかおり」を使ったレシピ募集 経済

優勝者は店舗でメニューに

1月21日号

「伝統芸能」稽古の成果発表

「伝統芸能」稽古の成果発表 文化

3団体が合同で

1月21日号

今年はお焚き上げだけ

今年はお焚き上げだけ 社会

乞田・貝取ふれあい広場で実施

1月21日号

子どもの貧困 事例から学ぶ

子どもの貧困 事例から学ぶ 社会

関戸公民館で講演会

1月21日号

「社会情勢にあわせ臨機応変に」

「社会情勢にあわせ臨機応変に」 教育

コロナ禍での学校教育を清水教育長に聞く

1月21日号

市内から4作品が奨励賞に

市内から4作品が奨励賞に 教育

「東京都明るい選挙ポスターコンクール」

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

お問い合わせ

外部リンク