多摩版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

再エネでイルミネーション 12月14日に点灯式 小学生が発電

教育

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena
昨年復活したイルミネーション
昨年復活したイルミネーション

 聖蹟桜ヶ丘駅西口広場で12月14日(土)、午後5時からイルミネーション点灯式が行われる。

 かつて、冬の聖蹟桜ヶ丘駅前を彩っていたイルミネーション。東日本大震災以降、中止となっていたため、地元住民有志で復活できないかと思案していた。そうした中、昨年、市内の小学6年生が総合学習の時間にエネルギーについて学んでいることを知り、連光寺小学校、多摩第一小学校に相談。両校が学習の成果を実践する場にと快諾した。加えて、京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターの協力も得て、7年ぶりに広場の植栽にイルミネーションの明かりが灯された。

再エネを利用

 イルミネーションに使われた電気は、子どもたちが自ら発電したもの。今年は、東寺方小学校の6年生も加わり、各校の児童が、学校の屋上に設置された風力や太陽光発電装置、近隣の川で水車、スクリューを使って発電した電気を6Ⅴのバッテリーに充電。連光寺小学校では、今年は自転車を使った発電にも挑戦しているという。その電気を使って、広場の植栽に飾られた電飾の他に、LEDを使った光のメッセージの点灯も予定されている。

 企画を立ち上げた小林昭一さんは「同じ6年生でも顔ぶれが変わると前年のものに少しづつ改良が加わっていく。その子どもたちのバージョンアップが楽しみで、発想力の豊かさに驚かされる。ぜひ子どもたちの学びの成果を見に来ていただければ」と呼びかけている。

 なお、点灯式当日、午後1時30分から設営準備が手伝いできる人を募集中。ライトアップは21日(土)まで。時間は午後5時から8時30分。問い合わせは、小林さん【携帯電話】090・2764・4672、【メール】bxl06152@nifty.comへ。
 

水力で発電する東寺方小の児童
水力で発電する東寺方小の児童

多摩版のローカルニュース最新6

次こそ本選でシード権獲得を

国士舘大

次こそ本選でシード権獲得を スポーツ

箱根駅伝報告会で再起誓う

2月20日号

ネコサポで図書返却が可能に

ネコサポで図書返却が可能に 教育

3月3日から 市内3店舗にBOX設置

2月20日号

特殊詐欺から守るために

防犯協会

特殊詐欺から守るために 社会

防犯作文優秀作品を表彰

2月20日号

文化フォーラムで会員交流

文化フォーラムで会員交流 社会

多摩稲門会 賀詞交歓会も

2月20日号

読み聞かせで健康寿命を延ばす

読み聞かせで健康寿命を延ばす 文化

大妻女子大多摩キャンパスで講座

2月20日号

医師が語る健康知識

医師が語る健康知識 社会

新百合ヶ丘総合病院が主催

2月20日号

子どもだけで「まちづくり」体験

子どもだけで「まちづくり」体験 教育

「こたま」パルテノンで

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

読み聞かせで健康寿命を延ばす

読み聞かせで健康寿命を延ばす

大妻女子大多摩キャンパスで講座

2月29日~3月7日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク