多摩版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

笑顔でハチミツ採り 多摩中 地域の協力得て

教育

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
(右上)抽出されたハチミツをろ過する生徒たち(左上)巣箱から巣脾(すひ)を取り出す作業を見学(下)蜜蝋(みつろう)を削る作業を体験した
(右上)抽出されたハチミツをろ過する生徒たち(左上)巣箱から巣脾(すひ)を取り出す作業を見学(下)蜜蝋(みつろう)を削る作業を体験した

 市立多摩中学校(千葉正法校長)で9月5日、同校チャレンジ部と野外活動部の生徒たちが地域の協力を得て、ハチミツ採りを行った。

 チャレンジ部は、特別支援学級となるF組の生徒を中心とした部活で、料理や学校菜園の作業などを通して自立を目指す活動を行っている。今年度は、顧問の小田和幸教諭がかつて個人的に養蜂にチャレンジした経験があることから、生徒たちの賛同を得て養蜂活動を行うことを決定。以前勤めていた東愛宕中学校で取り組んでいた経験もある千葉校長や、養蜂に詳しい同校の元校長で多摩市教育委員の原島久男氏、地元自治会、地域学校協働本部の協力を得ながら夏休み明けからスタートした。

 今回はチャレンジ部に加え、野外活動部も一緒にハチミツ採りに挑戦。屋上に設置された巣箱から、ハチが蜜をためる巣(す)脾(ひ)を取り出す作業を防護服を着て見学。その巣脾にできた蜜蝋(みつろう)を削る作業と、分離器で分離してろ過する作業を体験した。採れた濃厚なハチミツの香りに「い〜い匂い」と喜ぶ声を上げていた。

 採取した約3リットルのハチミツはビン詰めされ、お土産として持ち帰った。1年生の男子生徒は「体験出来て楽しかった」と感想を話した。小田教諭は「虫が嫌いな子どもたちが多かったけど、今回夢中になって作業し、ハチミツが採れた時の歓声を聞いてやって良かったと感じた。今度の冬を越せて春にまた採取できたら、ラベル張りや販売にもチャレンジし、子どもたちの自立に向けて取り組めたら」と話した。

多摩版のローカルニュース最新6

絵・映像などで平和の尊さ訴え

絵・映像などで平和の尊さ訴え 社会

多摩市平和展 今年も盛況

9月24日号

7年の節目を祝う

7年の節目を祝う 社会

小野路宿里山交流館

9月24日号

エネ小屋で再エネ学ぶ

連光寺小

エネ小屋で再エネ学ぶ 教育

6年生に出張授業

9月24日号

自動通話録音機を出張貸出

多摩市など

自動通話録音機を出張貸出 社会

 特殊詐欺対策で 10月12日から市内各所で

9月24日号

学校でソロキャンプに挑戦

学校でソロキャンプに挑戦 教育

瓜生小で自然宿泊体験

9月24日号

元日本代表が指導「バスケを好きに」

元日本代表が指導「バスケを好きに」 スポーツ

渡邉拓馬氏の講習会に小・中学生53人参加

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コロナ禍でつながりづくりを

コロナ禍でつながりづくりを

ふれあい・いきいきサロン説明会

10月21日~10月21日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク