多摩版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

清掃活動で「みらい」へつなぐ 「せいせきみらいクリーン隊」が一ノ宮公園で

社会

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena
一ノ宮公園の周辺を清掃する隊のメンバー
一ノ宮公園の周辺を清掃する隊のメンバー

 せいせきみらい活性化実行委員会(妹尾浩也実行委員長)は9月20日、一ノ宮公園を中心にした多摩川河川敷の清掃活動を実施した。

 毎年、9月に行われている「せいせきみらいフェスティバル」。花火をツールにした地域活性化イベントとしてこれまで一ノ宮公園を会場に5回開催されてきた。今年も9月20日の開催をめざし準備を進めてきたが、新型コロナウイルスの影響で中止が決まった。そうした中、今年4月から実行委員会メンバーが個人で行っていた清掃活動をきっかけに、ボランティア組織「せいせきみらいクリーン隊」を6月に発足。大栗川の清掃など、他の団体の活動にも参加してきた。

 イベントの開催日だった9月20日、これまでの感謝と来年度に向けて委員会の熱を共有しようと12人が参加し、一ノ宮公園を中心とした河川敷の清掃活動を行った。空き缶やペットボトル、花火の燃え残りなど、投棄されたり上流から流されてきたと思われるゴミを15袋(20リットルのゴミ袋)分を回収した。

 同隊中心メンバーの小林悠さんは「今年は中止となったが『みんなのせいせき、みんなのみらい』という実行委員会のスローガンに立ち返り、今自分たちにできること、すべきことがあるのではと思い、この活動を始めた」と経緯を語る。続けて「一ノ宮公園は聖蹟桜ヶ丘の名所。大勢の人たちが憩い、子どもたちが駆け回る場所をきれいに、安全にすることは『みらい』を育むことへ繋がる。小さな一つのゴミを出さないことが大切だと清掃活動の度に実感する」と振り返る。また「自分たちが暮らすまちをよりきれいに、笑顔溢れる場所にしたい。来年多摩市制50周年の中で、みらいフェス開催と成功を繋げ、聖蹟のまち全体がさらなるステップへと進んでいく一助になりたい」と思いを語った。
 

多摩版のローカルニュース最新6

「原峰のかおり」を使ったレシピ募集

「原峰のかおり」を使ったレシピ募集 経済

優勝者は店舗でメニューに

1月21日号

「伝統芸能」稽古の成果発表

「伝統芸能」稽古の成果発表 文化

3団体が合同で

1月21日号

今年はお焚き上げだけ

今年はお焚き上げだけ 社会

乞田・貝取ふれあい広場で実施

1月21日号

子どもの貧困 事例から学ぶ

子どもの貧困 事例から学ぶ 社会

関戸公民館で講演会

1月21日号

「社会情勢にあわせ臨機応変に」

「社会情勢にあわせ臨機応変に」 教育

コロナ禍での学校教育を清水教育長に聞く

1月21日号

市内から4作品が奨励賞に

市内から4作品が奨励賞に 教育

「東京都明るい選挙ポスターコンクール」

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

お問い合わせ

外部リンク