多摩版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

国士舘大 昨年からの経験を自信に 箱根駅伝 目標はシード権獲得

スポーツ

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
シード権を目標に本選に臨む選手たち
シード権を目標に本選に臨む選手たち

 1月2日(土)・3日(日)に開かれる「第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)」に出場する国士舘大学は12月13日、同大学多摩キャンパス(永山)で報道陣の取材に対応し、31年ぶりの「シード権獲得」を目標に掲げ、各選手が意気込みを語った。

 多摩キャンパスを拠点に、日々練習に取り組んでいる同大陸上競技部。箱根駅伝には過去48回出場しており、1964年と67年の総合3位が最高成績。昨年は総合19位だった。10月17日に行われた予選会を5位で通過し、5年連続49回目の本選出場を決めた。

 この日、多くの報道陣の前で、添田正美駅伝監督は「往路で戦い抜いて、復路でシード権争いをして、シード権を獲得したい」と意気込みを述べた。主将の加藤直人選手(4年生)は「誰がどの区間を走っても『1秒の油断』というチームスローガンを意識し、目標を達成できるように頑張りたい」と抱負を語った。

 本紙の取材に対し、添田監督は「監督に就任してから昨年初めてたすきが繋がり、やっと箱根駅伝に出場するチームとしてスタートラインに立てた。今回は練習も例年よりも良い仕上がりで予選会に臨んだので、落ちることはないと思っていた。この自信を本選にもつなげていきたい」と自信をみなぎらせる。

 添田監督がエースのライモイ・ヴィンセント選手(3年生)とともに、期待する選手として名を挙げたのが山本龍神選手(1年生)。安定感のある、怖いもの知らずの走りが特徴だという山本選手は「1区を走りたい。簡単に負けないように食らいついていきたい」と意気込みを語った。

 主将の加藤選手は「1区から3区のスタートダッシュを意識したい。個人としては最後の箱根駅伝を悔いなく終われるようにしたい。チームとしても目標を達成できるように1秒を削っていきたい」と本選に向けて目標を語り、「普段多摩市で練習させてもらっているので結果で恩返しをしたい」と多摩市民に向けて応援を呼び掛けた。
 

(左から)山本選手、ヴィンセント選手、加藤選手
(左から)山本選手、ヴィンセント選手、加藤選手

21周年感謝祭

感謝の気持ちを込めた特別キャンペーン

https://mitsui-shopping-park.com/mop/tama/

<PR>

多摩版のローカルニュース最新6

赤ちゃんもママも「労わり」

赤ちゃんもママも「労わり」 社会

寺院でベビーマッサージ教室

10月21日号

来月、写真やスケッチ展

関戸地区で

来月、写真やスケッチ展 文化

10月21日号

作家と振り返る多摩NT

作家と振り返る多摩NT 文化

11月 あすまで受付

10月21日号

「持続可能な多摩」考える

「持続可能な多摩」考える 社会

来月、トークイベント

10月21日号

八王子で「自転車」美術展

八王子で「自転車」美術展 文化

11月23日まで

10月21日号

災害時役立つ調理法学ぶ

災害時役立つ調理法学ぶ 社会

11月 オンライン講座

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook