多摩版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

夜間学級を知って 「必要な人へ」 連絡会が活動

教育

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena
行政への要望書を持つ加藤さん
行政への要望書を持つ加藤さん

 不登校だった人や、祖国で教育が受けられなかった外国人の受け皿として教育を提供している中学校の夜間学級。八王子市立第五中学校には多摩地域唯一の夜間学級がある。

 全国に34校ある中学校夜間学級(通称・夜間中学とも)は、戦後に勤労学生や家庭の事情で学校に通えなかった人のために中学校に付設された。1990年代に入ると「不登校」が注目されるようになり、学び直しの受け皿としての役割が期待されるようになった。年齢構成は15〜19歳が約20%、60歳以上が27%で、他の年代より多い。

 多摩地域初の中学校夜間学級が第五中学校に開設されたのは1952年。2018年度時点で711人が卒業している。

多摩エリア唯一

 「八王子の夜間中学を守り発展させる連絡会」は、同校の夜間学級について広く知ってもらうため昨年9月に発足した。会員は10人。元中学校教員で同会世話人を務める加藤千音さん(72)は「多摩エリアで唯一なのに、ほとんど知られていない状況を改善したい」と話す。

 「夜間学級は公立中学なので、体育や音楽の授業、修学旅行などもあり、その存在は社会的意義があります」。署名活動のかいもあってか、募集チラシの多言語化などが実現したそう。

今が山場

 活動の成果が出ているが、それでも連絡会は「今こそ山場」と考えている。理由は生徒数の減少だ。現在、同学級には14人が在籍しているが、そのうち3年生が6人。この春卒業すると生徒数が一桁台にまで減ってしまう。「必要としている人に情報が届いていないのかもしれない」と加藤さん。「実際に1961年に、立川の第三中学校の夜間学級が廃止されたことがある」と危機感を抱く。

 外国人との多文化共生を研究する大学講師の大重史朗さん(56)は「すぐに廃止されることはないと思うが、生徒の数によって教員の配置数も変わってくる。減れば生徒に目が届きにくくなるし、ひいては教育の質の低下につながりかねない」と危惧する。

 一方、「かつての市民運動のように行政と対立するのではなく、手をとりあってより良い方向に進む好例になれば」と活動に期待を寄せる。
 

多摩版のローカルニュース最新6

両区に5氏が出馬へ

【Web限定記事】 衆院選21・23区

両区に5氏が出馬へ 政治

19日公示、31日投開票

10月14日号

コロナ風評被害 市内でも

コロナ風評被害 市内でも 社会

唐木田のハンドドライヤー会社

10月7日号

きょうはミステリの日?

きょうはミステリの日? 文化

作家の安藤さん「謎解きは楽しい」

10月7日号

「入口」をバリアフリー化

「入口」をバリアフリー化 社会

聖蹟桜ヶ丘駅近くの商業ビル

10月7日号

藤澤ノリマサ コンサート

藤澤ノリマサ コンサート 文化

11月 秦野市で

10月7日号

「奇跡」が見ごろ

町田ダリア園

「奇跡」が見ごろ 社会

オリジナル品種も登場

10月7日号

あっとほーむデスク

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook