多摩版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

夜間学級を知って 「必要な人へ」 連絡会が活動

教育

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena
行政への要望書を持つ加藤さん
行政への要望書を持つ加藤さん

 不登校だった人や、祖国で教育が受けられなかった外国人の受け皿として教育を提供している中学校の夜間学級。八王子市立第五中学校には多摩地域唯一の夜間学級がある。

 全国に34校ある中学校夜間学級(通称・夜間中学とも)は、戦後に勤労学生や家庭の事情で学校に通えなかった人のために中学校に付設された。1990年代に入ると「不登校」が注目されるようになり、学び直しの受け皿としての役割が期待されるようになった。年齢構成は15〜19歳が約20%、60歳以上が27%で、他の年代より多い。

 多摩地域初の中学校夜間学級が第五中学校に開設されたのは1952年。2018年度時点で711人が卒業している。

多摩エリア唯一

 「八王子の夜間中学を守り発展させる連絡会」は、同校の夜間学級について広く知ってもらうため昨年9月に発足した。会員は10人。元中学校教員で同会世話人を務める加藤千音さん(72)は「多摩エリアで唯一なのに、ほとんど知られていない状況を改善したい」と話す。

 「夜間学級は公立中学なので、体育や音楽の授業、修学旅行などもあり、その存在は社会的意義があります」。署名活動のかいもあってか、募集チラシの多言語化などが実現したそう。

今が山場

 活動の成果が出ているが、それでも連絡会は「今こそ山場」と考えている。理由は生徒数の減少だ。現在、同学級には14人が在籍しているが、そのうち3年生が6人。この春卒業すると生徒数が一桁台にまで減ってしまう。「必要としている人に情報が届いていないのかもしれない」と加藤さん。「実際に1961年に、立川の第三中学校の夜間学級が廃止されたことがある」と危機感を抱く。

 外国人との多文化共生を研究する大学講師の大重史朗さん(56)は「すぐに廃止されることはないと思うが、生徒の数によって教員の配置数も変わってくる。減れば生徒に目が届きにくくなるし、ひいては教育の質の低下につながりかねない」と危惧する。

 一方、「かつての市民運動のように行政と対立するのではなく、手をとりあってより良い方向に進む好例になれば」と活動に期待を寄せる。
 

多摩版のローカルニュース最新6

医療従事者へ「贈り物 」

多摩市

医療従事者へ「贈り物 」 社会

「コロナと奮闘」に感謝

4月15日号

絵画コンテストを開催

ヴェルディ

絵画コンテストを開催 社会

小学生以下を対象

4月15日号

ミステリを刊行

聖ヶ丘安藤さん

ミステリを刊行 文化

定年退職後デビュー 3作目

4月15日号

「桜の街」周知し、魅力向上狙う

多摩商工会議所

「桜の街」周知し、魅力向上狙う 社会

08年からプロジェクト

4月15日号

「朗読まつり」オンラインで

「朗読まつり」オンラインで 文化

高尾の桜も 市民団体が企画

4月15日号

25日、映画上映会

愛宕コミュニティセンター

25日、映画上映会 文化

「阪急電車・片道15分の奇跡」

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter