多摩版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

5Gの街づくり語る 都立大でシンポジウム

社会

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena
あいさつする上野学長
あいさつする上野学長

 超高速で、より遅延の少ない通信ができる「5G」(第5世代移動通信システム)を活用した東京都のまちづくり事業「スマート東京」--。

 先行実施エリアの1つに選定された八王子・南大沢の東京都立大学では先月、「スマート東京キックオフミーティング」と題したオンラインでのシンポジウムが開催された。

経営者らが登壇

 都職員や民間企業経営者などが登壇した第一部では、同大学大学院のOBである、ヒト型ロボット「ペッパー」の開発に携わったGROOVE X(株)代表の林要氏が、ロボットの今後について講演。

 「人の成長を支えるのがテクノロジーのゴール。人のエモーショナル(感情)ケアについて、AIだからできることもあるはず。5Gの実証実験では、その可能性についても考えてもらえれば」と語った。

 また同じく壇上に立った、都の都市整備局先端技術調整担当部長である三木健氏はスマート東京における八王子・南大沢の位置づけなどを説明。「高齢者の移動支援に自動運転車椅子の実験や、コロナ禍で外出がしにくくなるなか、アバターロボットの買い物支援も展開していければ」と今後の取り組みを三木氏は話した。

 一方、その後行われた第2部では、林氏のほか、ヤフー(株)の代表取締役を務め、現在は都の副知事に就く宮坂学氏や、都立大副学長の清水敏久氏らによるニューノーマル社会に関するパネルディスカッションが行われ、耳目を集めた。

基地局を整備

 同大学は昨年末、企業や自治体が個別に利用できる「ローカル5G基地局」を設置し、5G環境を使用した研究を今年1月から開始。上野淳学長は「最先端の環境を活用した質の高い研究を加速させ、より一層の社会貢献をしていく」としている。

多摩版のローカルニュース最新6

市内児童に感謝状

市内児童に感謝状 社会

高齢者を助ける

9月9日号

たましん美術館招待券プレゼント

児童虐待防止に「提言」書籍

超党派の若手議員

児童虐待防止に「提言」書籍 社会

9月9日号

「あの大きな施設は何――?」

「あの大きな施設は何――?」 社会

多摩NT通りから 「薬草」で話題

9月9日号

がんばる女性を応援

がんばる女性を応援 社会

大久保 聡子さん

9月9日号

「補助犬」育成資金 募る

「補助犬」育成資金 募る 社会

クラファン 9月29日まで

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月9日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook