多摩版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

40年前のカプセル開封 周年事業 再会の場にも

社会

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena
40年前と同じ場所で出会った2人(左から二人目が三浦さん。その右隣りが高山さん)=提供写真=
40年前と同じ場所で出会った2人(左から二人目が三浦さん。その右隣りが高山さん)=提供写真=

 多摩市の市制施行10周年事業として永山北公園に埋設されたタイムカプセルが3日、掘り起こされた。会場には市の関係者のほか、タイムカプセルに思い出品を入れた当時の子どもたちなどが来場。市の50周年を記念する催しとなった。

 今回のイベントで司会を務めたのが、聖ヶ丘中学校で英語を教える三浦摩利さん。実はカプセルが埋設された40年前の催しにも三浦さんは参加。市内を拠点とする児童合唱団「多摩ファミリーシンガーズ」の一員として仲間と共に歌声を披露したのだという。当時は小学6年生。「あまりその催しの記憶がないんですよね。その頃、市内で数多くのイベントで歌をうたわせてもらっていて他の催しと区別がつかなくて」と三浦さん。そして、「その時はアナウンサーになりたいと思っていました」と振り返る。

もう一人

 当日はもう一人、40年前もタイムカプセルイベントに参加していた人が――。三浦さんが所属していたシンガーズを長年率いてきた高山佳子さんだ。今回はゲストとして催しに呼ばれ、「まさか、開封にも関われるとは思っていませんでした。摩利ちゃんともこの場で出会えてうれしいです」と微笑む高山さん。40年前はシンガーズの子どもたちを引率し、当日の催しの司会を務めたという。一方で、カプセルを開封した際は40年前の空気が周囲に広がっていくようだったと話し、「感動しました。カプセルから取り出したものはみんな綺麗でした。驚きましたね」と笑顔をみせる。

 この催しでは新たに30年後に掘り起こす予定のカプセルも埋められた。今回も子どもたちの思い出品が詰められたが、高山さんは「今度開封される際も、きょうのように美しい空と色づき始めた木々のなかで行われますよう願うばかりです」と話している。

開封されたカプセル
開封されたカプセル

多摩版のローカルニュース最新6

来月、節分祭

一ノ宮の小野神社一般参加も可

来月、節分祭 社会

1月20日号

朗読者を募集

朗読者を募集 文化

3月に八王子の寺院で収録

1月20日号

「パル多摩」現状は?

「パル多摩」現状は? 文化

再オープンまで半年

1月20日号

「練習通り」2部門で栄冠

多摩ハンド

「練習通り」2部門で栄冠 スポーツ

調布市の小学生大会で

1月20日号

「NTスポット」新宿で

「NTスポット」新宿で 社会

市らの多摩魅力発信事業 

1月20日号

スタンプラリー実施中でも・・・

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook