神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
多摩版 公開:2024年7月4日 エリアトップへ

アイスランド共和国大使 多摩市内小中学校を訪問 給食や講演会通し交流

文化

公開:2024年7月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
児童らとアイスランド料理の給食を食べる大使
児童らとアイスランド料理の給食を食べる大使

 駐日アイスランド共和国特命全権大使を務めるステファン・ハウクル・ヨハネソン氏が6月18日、市内の小中学校を訪問した。アイスランドウィーク=関連枠あり=に合わせて行われたもので、大使が小中学校の児童生徒らと交流するのは初めて。

 ステファン大使は市内に到着すると貝取小学校を訪問。アイスランドの伝統的な料理で提供された給食を、6年生の児童と一緒に食べるなど交流を深めた。料理のメニューはルーグブロイズ(ライ麦パン)、キョ―トスーパ(羊と野菜のスープ)、プロックフィスクル(たらとじゃが芋のグラタン)。アイスランドウィークにちなみ、市内の公立全小中学校にアイスランド料理が提供された。

笑顔で給食頬張る

 児童らは「肉やキノコがレモンの香りでさっぱりしていて美味しい。日本では食べることのない味」「グラタンのじゃが芋に味がしみ込んでいて言葉では言い表せない美味しさ」などと感想を話した。ステファン大使は「とても美味しい味で驚いた。大使館でパーティーが行われる際には、調理師の方に来ていただいて料理を作ってほしい」と笑顔で語った。また、児童から「好きな食べ物はありますか?」と聞かれると「日本の料理はなんでも美味しい。寿司や天ぷらなどが好き」と答え、交流を図っていた。

 その後は、鶴牧中学校や大妻多摩中学高等学校に訪問し、アイスランドの紹介やジェンダー平等に関する話、大使のキャリア、学生へのメッセージなどを含んだ講演を行い、精力的にアイスランドのアピールをしていった。

盛り上がる9日間

 多摩市は、市と友好協力関係を結ぶ北ヨーロッパのアイスランドの独立記念日である6月17日にちなんだ「アイスランドウィーク」を例年6月に行っている。記念日の前後9日間をアイスランドウィークと定め、同国にちなんださまざまなイベントを開催している。

 今年は15日から23日まで実施された。昨年までは多摩センターエリアが中心だったが今年は聖蹟桜ヶ丘エリアでも行われ、市内全体が盛り上がっていた。同国のオリジナルレシピによって作られるスイーツヨーグルトの販売やスタンプラリー開催、協力店舗ではアイスランド風メニューの特別販売が行われるなど盛り上がりを見せた。

配膳に並ぶ大使
配膳に並ぶ大使

多摩版のトップニュース最新6

多摩市内小中学校を訪問

アイスランド共和国大使

多摩市内小中学校を訪問

給食や講演会通し交流

7月4日

「防ごう熱中症」標語コン

大塚製薬株式会社

「防ごう熱中症」標語コン

児童生徒から作品募集

7月4日

小中学校のESD視察

台湾教育者

小中学校のESD視察

児童生徒との交流も

6月20日

多摩永山病院 移転中止に

多摩永山病院 移転中止に

建設費用高騰など原因

6月20日

川島選手が日本代表選出

中学硬式野球「多摩シニア」

川島選手が日本代表選出

7月にアメリカ遠征

6月6日

今年は聖蹟エリアでも

アイスランドウィーク

今年は聖蹟エリアでも

市内の回遊性高める

6月6日

あっとほーむデスク

  • 5月11日0:00更新

  • 4月27日0:00更新

  • 4月13日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月16日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook