三浦版 掲載号:2011年7月22日号
  • googleplus
  • LINE

地震発生確率 三浦半島断層群 「高まった可能性」

 政府の地震調査委員会は今月11日、東日本大震災による地殻変動で、三浦半島断層群での地震発生確率が高まった可能性があると発表した。これまでの同調査委の算定では、今後30年以内に三浦半島断層群で地震が発生する確率は、武山断層帯で6〜11%、衣笠・北武断層帯でほぼ0〜3%とされていた。その場合のマグニチュードは、6・6〜6・7程度かそれ以上。今回、同断層群での地震発生確率が具体的に何%上がったのかは明らかにしていないが、「高くなっている可能性がある」と指摘している。

 同断層群の現地調査などを行なってきた地元市民グループの三浦半島活断層調査会では「活動度が高まることは当然のことと考えられる。県が想定する規模の地震活動は考えておくべき」(鈴木進企画研修部長)とコメント。今後も「多くの人に地震災害の理解を深める活動を推進していきたい」としている。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク