三浦版 掲載号:2012年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

子宮頸がん予防 ワクチンを無料接種

 市は、『子宮頸がん予防ワクチン無料接種事業』を今年も4月1日から開始している。期間は来年3月31日までで、対象となるのは三浦市民の中学1年生から高校1年生相当の年齢の女子 (1996年4月2日生まれ〜2000年4月1日生まれ)。

 子宮頸がんは、子宮の入り口にできるがんで、20から30歳代で急増し、日本では年間約15000人の女性が発症していると報告されている。初期の段階では自覚症状がほとんどないため、発見が遅くなってしまい、妊娠や出産に影響を及ぼすことがある。

 ワクチンは「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種から選べ、いずれも接種回数は3回。ただし、前者の場合は、初回接種・初回から1ヵ月後・初回から6ヵ月後の間隔で3回、後者は初回接種・初回から2ヵ月後・初回から6ヵ月後の間隔で3回と、間隔が異なる(必ず初回時と同じワクチンを3回受ける)。

 費用は全額公費助成で無料となる(9月中に1回目の接種を済ませないと実施期間内に3回目の接種の助成が不可になるので注意)。

 昨年度高校1年生だった者は、前年度中に1回目または2回目の接種をしていれば、2回目・3回目を今年度継続して接種することが可能となっている。

 実施医療機関は市ホームページ等で確認を。

 問合せは、市健康づくり課【電話】046・882・1111内線370まで。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月6日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク