三浦版 掲載号:2013年1月11日号
  • googleplus
  • LINE

動物に触れて開運を どうぶつ七福神めぐり

チョウザメの頭部骨格と鱗に触れて長寿ご利益を期待
チョウザメの頭部骨格と鱗に触れて長寿ご利益を期待

 京急油壺マリンパークでは1月31日(月)まで「開運どうぶつ七福神めぐり」を開催している。

 同館で亡くなり、標本として残る動物や実物標本の中から七福神の縁起に起因するものを、三浦七福神の5つの寺院と2つの神社より分霊を受け、ご神体を祭壇に祀り触れて祈願するというもの。

 商売繁盛を願う「飼育中のフクロウから抜け落ちた羽」、厄除けなどを願う「ノコギリエイのノコギリ状の吻先(ふんさき)」、四つ脚で歩くことから滑らないアシカとして受験生に人気の「アシカのマリンと握手」、円満を願う飼育中の「ペンギンが産んだ卵」、長寿や無病を願う「20年間飼育したチョウザメの頭部骨格と鱗」、福徳や財宝を願う「イシガメの甲羅や頭部や尾の骨」、サメの歯は抜けても生え変わることから豊作を願う「サメの仲間シロワニの抜け落ちた歯」など、7つがご神体として祀られている。

 参拝方法は、七福神の縁起に因みのある動物や実物標本に触れてご利益を得られるように祈願する(入園時には専用のガイドマップが配られる)。

 詳細・問い合わせは、同パーク【電話】046・880・0152まで。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク