三浦版 掲載号:2013年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

みうら郷土料理研究会 新たな郷土料理を提案 6品を参加者が評価

提案された料理を試食する参加者
提案された料理を試食する参加者

 三浦の地場食材を使った郷土料理を創作して、三浦の活気につなげようと活動している「みうら郷土料理研究会」(西貝恭治会長)は3月23日、市勤労市民センターで初めての料理発表会を開いた。市民に料理を味わってもらい、意見を聞こうと行われた。

 用意された料理は、しこいわしと豆腐の組み合わせや、バターとコンソメのあんかけを大根にかけたものなど、地元の食材をベースに現代風にアレンジした6品。

 小網代に住む女性は「大根のみぞれあんかけが気に入った。私では思いつかない料理方法」と話していた。別の女性は、「しこいわしのたたきと豆腐の組み合わせは面白い。初めて知った」と、新たな料理方法に感心していた。

 同会では「家庭でもできるものを用意した。集めたアンケート結果を基に、今後新しい三浦の名物料理にしていくよう取り組んでいきたい」としている。
 

大根のみぞれあんかけ
大根のみぞれあんかけ

三浦版のローカルニュース最新6件

”いのち”を守る体験教室

夏休み企画

”いのち”を守る体験教室

7月20日号

7月は未就学児無料

大磯ロングビーチオープン

7月は未就学児無料

7月20日号

夏例大祭の歴史網羅

平和考える2日間

見て食べて知って、海の駅

第7分団が出場

県消防操法大会

第7分団が出場

7月20日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク