三浦版 掲載号:2014年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

水際で被害を阻止 振り込め詐欺

鈴木署長から感謝状を受け取る臼井さん(写真は三崎署提供)
鈴木署長から感謝状を受け取る臼井さん(写真は三崎署提供)
 振り込め詐欺の被害を未然に防いだとして三崎警察署(鈴木克己署長)は14日、湘南信用金庫三浦海岸支店と窓口担当の臼井志乃さんに感謝状を送った。三崎署によると5日、市内に住む高齢者宅に息子と名乗る男から電話番号が変わったという連絡があり、翌日「株で失敗した。300万円用意してほしい」と電話が入ったという。

 高齢者は預金を引き出しに6日、同銀行に出向いた。窓口担当の臼井さんは、引き出し額が高額だったため、理由を聞いたところ、振り込め詐欺の手口と同じだったことから上司に報告。本当の息子と確認が取れ詐欺と分かり、被害を未然に防ぐことができた。

 同支店では「常に意識をもつように朝礼・終礼などで共有している。日頃から声かけを積極的に行うことを心がけている。大事な財産を守ることができて良かった」と話している。三崎署は「今年に入ってすでに数件の振り込め詐欺の電話がきている。冷静な対応を心がけてほしい」と呼び掛けている。

 昨年、三崎署管内での振り込め詐欺は3件未然に防止したが、3件1470万円が被害にあった。

三浦版のローカルニュース最新6件

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク