三浦版 掲載号:2016年11月18日号 エリアトップへ

地域に残る戦跡たどる 岬陽小6年生が遺構見学

教育

掲載号:2016年11月18日号

  • LINE
  • hatena
地下施設に掘られた立坑を見上げる児童ら
地下施設に掘られた立坑を見上げる児童ら

歴史、平和学習に活かす

 三浦市は今月9日、市立岬陽小学校(山田真也校長)6年生を対象とした戦争遺構見学会を県立城ヶ島公園で開いた。市内に残る戦争のあとを見ることで、社会科学習や平和について考える機会にしてもらおうと企画されたもので、児童30人は同公園の堀内美徳園長と、みうら観光ボランティアガイド協会の田中健介会長の案内のもと、園内に点在する砲台跡や観測所跡、弾薬や火薬を保管していた地下施設などをまわった。

 東京を守る防衛拠点として1899年に三浦半島全域が要塞地帯に指定されたことを機に、城ヶ島にも1929年に砲台が完成。砲塔は戦艦「安芸」に装備されていたカノン砲2基が据えられたという。その射程距離はおよそ25Km、東京湾を隔てた房総半島まで届く性能を有し、敵艦船の浸入を防いでいたことなどが紹介されたほか、普段は一般の立ち入りが制限されている地下壕も見学。迷彩模様が施された出入口、全長約60mの地下通路と火薬庫、弾薬を地上に運ぶための昇降機の設置跡などほぼ当時のまま手つかずだという施設を見て、児童らは一様に驚いた様子だった。

 見学を終えた児童は、「よく公園に遊びに来るが身近な所に戦争の跡があると分かってびっくりした。自然だけでなく歴史も残っている島なのだと知った」「時が経っているのに、(戦争遺構が)きれいに残っていてすごいと思った。家族や周りの人にも教えてあげたい」などと授業を振り返った。

三浦版のローカルニュース最新6

引橋断層を歩く

引橋断層を歩く 社会

3月20日に見学会

2月21日号

学校教育の将来考える

三浦まちづくりの会

学校教育の将来考える 社会

2月21日号

実践できる心の休息

実践できる心の休息 社会

「医師の禅僧」が講演

2月21日号

市民活動を盛り上げよう

市民活動を盛り上げよう 社会

出展参加者を募集

2月21日号

三浦初声高生と農業学ぶ

三浦初声高生と農業学ぶ 社会

社会人聴講生を募集

2月21日号

村治佳織リサイタル

村治佳織リサイタル 文化

タウンニュースホール

2月21日号

夕日に染まる海と富士

サンセットクルーズ

夕日に染まる海と富士 社会

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク