三浦版 掲載号:2017年2月10日号 エリアトップへ

カスヤの森現代美術館 画家「シーレ」の世界を立体化 人形作家・宮崎郁子の企画展

文化

掲載号:2017年2月10日号

  • LINE
  • hatena
等身大の「エゴン・シーレ」(写真奥)
等身大の「エゴン・シーレ」(写真奥)

 展示室に入ってまず、その視線に圧倒される。等身大の男性”人形”はオーストリアの画家「エゴン・シーレ」、その人だ。カスヤの森現代美術館(横須賀市平作7の12の13)で開催中の企画展「宮崎郁子 ひとがたのエゴン・シーレ」では、約30点の人形が出迎える。

*  *  *

 「子どもの頃、父親の引き出しに入っていた小さな人形。父の心の支えになっていたもので、欲しかったがもらえなかった」と回顧する宮崎さん。その時から、独学で人形づくりを始めたという。「人形は玩具ではない。人形ほど『私』自身を理解してくるものはない。いつも傍らにひっそりと寄り添ってくれる祈りの存在」―。しばらくは、綿布・木毛などを用いた作品を発表していたが、転機は1995年、ウィーン分離派の画家「エゴン・シーレ」の画集との出会いだった。強烈な個性を持つ画風に導かれ、それ以降、彼の描く作品世界を主題に立体造形を続ける。「ただ単に、絵画の登場人物をなぞるのではなく、時空を超えて寄り添い、モデルに触れ、対話する」という作業だという。

 作品の素材は、石塑(せきそ)・古布など。これに肌の質感や濃淡を繊細に浮かび上がらせる。「油絵を立体化させた」と表現されることも多く、手に馴染む人形でも彫刻でもなく”ひとがた”。不思議な存在感を醸し出している。

*  *  *

 会期は3月5日(日)まで、開館時間は午前10時から午後6時。月・火曜日休館。入館料一般600円、学生500円。問い合わせは同館【電話】046・852・3030

三浦版のローカルニュース最新6

”さかな専門学校”開校へ

”さかな専門学校”開校へ 社会

二町谷で23年4月予定

9月24日号

新「紅茶・生茶」プレゼント

キリンビバレッジ

新「紅茶・生茶」プレゼント 社会

1箱(24本入)10名様に

9月24日号

着物でワイドパンツ作り

着物でワイドパンツ作り 文化

全2回の工芸講座

9月24日号

めざせ、市民記者

めざせ、市民記者 文化

プロに学ぶ取材と編集

9月24日号

特産品販売を後押し

三浦ブランド

特産品販売を後押し 経済

9月24日号

働く人向けの電話相談

10日〜12日

働く人向けの電話相談 教育

コロナ禍 ストレスや悩みに

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook