三浦版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

歌碑に刻まれた童謡・愛唱歌 3月11日にコンサート

文化

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena

 横須賀三浦教育会館は3月11日(日)、三浦半島にいきづく童謡・愛唱歌をクラシックの生演奏で楽しむコンサートを開く。郷愁を誘う懐かしいメロディーを逗子在住のクラシック演奏家グループの「コンチェルト・カメリアローズ」=写真=が奏でる。ソプラノとメゾソプラノの美声、心の琴線に触れるヴァイオリンとピアノの演奏で聴かせてくれる。

 演奏曲には、日本全国で歌い親しまれている童謡「歌の町」がある。作曲者の古村三千三氏は三浦市生まれ。白石町の歌舞島公園には歌碑が建てられている。

 「よい子が住んでるよい町は 楽しい楽しい歌の町」

 詩人の勝承夫氏が作詞を手掛け、児童福祉法が制定された1947年に誕生。戦後、子どもたちの平和を願ってつくられた。現在は、子どもの帰宅を促す夕方の防災無線のメロディーとして市内に流れている。

 このほか、三浦半島には「めだかの学校」(横須賀市 横須賀学院)「さくら貝の唄」(逗子市 波子不動)「真白き富士の根」(逗子市 逗子開成学園)「城ヶ島の雨」(三浦市 城ヶ島)などの歌碑がある。いずれも今回の公演で演奏される。

 会場は同会館ホール(横須賀市日の出町3の19の16)。午後2時開演。入場料は大人2千円、高校生以下1千円(収益の一部は遺児育英資金に寄付)。定員200人。詳細は同会館【電話】046・824・0683

三浦版のローカルニュース最新6

2家族で一軒家をシェア

2家族で一軒家をシェア 社会

新しい子育てのかたち

7月12日号

学生が集う場所に

学生が集う場所に 社会

関東学院大生が空き家改修

7月12日号

三崎×都心の2拠点生活

三崎×都心の2拠点生活 社会

元呉服屋をリノベーション

7月12日号

「ねないこだれだ」創作ルーツ

横須賀美術館

「ねないこだれだ」創作ルーツ 社会

絵本作家・せなけいこさんを特集

7月12日号

手づくりの魅力感じて

手づくりの魅力感じて 社会

約250点の作品展

7月12日号

物語の楽しさ知って

夏のおはなし会

物語の楽しさ知って 社会

7月12日号

活況と安全願い海開き

活況と安全願い海開き 社会

市内5カ所で

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク