三浦版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

プラ製品、「必要?不要?」 親子らが環境問題学ぶ

教育

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena
グループワークを行う参加者
グループワークを行う参加者

 市内を拠点に活動する子育て支援グループ「はっぴー子育て応援団」主催のプラスチックごみについて考えるワークショップが、先月26日に初声市民センターで行われた。

 使い捨てプラスチックの不使用・環境保全を啓発するNPO法人「プラスチックフリージャパン」の小島政行さんが講師を務め、小学生とその保護者らは世界的問題になっているプラ製品による海洋汚染を学習した。

 ライターやペットボトルの蓋などが胃にたまった鳥や、鼻にストローが刺さって流血する亀の様子を紹介したほか、市内毘沙門の海岸に打ち上げられたごみの写真を交えながら、身近な環境問題であると訴えた。

 「今日使った、または身につけているプラスチック製品を挙げてみよう」――。つづいて行われたグループワークでは、身の回りのプラ製品を見つけ、必要・不要を選別。終了後、子どもたちは「個包装のものを買わない」「ごみを海に捨てない。拾いたい」「エコバッグを使う」など、それぞれの意見を発表した。

 同グループでは、国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)を推進。今回は目標に掲げる「海の豊かさを守る」「つくる責任 つかう責任」への理解を深めた。

三浦版のローカルニュース最新6

学校教育ビジョンを考える

学校教育ビジョンを考える 教育

市教委招き意見交換会

1月10日号

初観音で所願成就祈念

初観音で所願成就祈念 社会

1月18日に三樹院

1月10日号

「教師の働き方に違い」

上宮田 伊藤萌夏さん

「教師の働き方に違い」 社会

豪州派遣の活動報告

1月10日号

静かで豊かな造形美

静かで豊かな造形美 社会

彫刻家 土屋仁応さん特集

1月10日号

作文で「明るい社会」啓発

作文で「明るい社会」啓発 教育

小中学生10人が優秀賞

1月10日号

幕開け飾る新春初市

三崎朝市

幕開け飾る新春初市 社会

1月10日号

年の初め祝うもちつき

年の初め祝うもちつき 社会

数量限定で振る舞い

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月10日号

お問い合わせ

外部リンク