三浦版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

プールでタッチ チョウザメと遊泳

経済

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
ヌルヌルの体をしっかりキャッチ
ヌルヌルの体をしっかりキャッチ

 高級食材のキャビアがとれる「チョウザメ」の養殖に取り組む初声町高円坊の農業生産法人「デリーターファーム」で今月4日、チョウザメと一緒に泳ぐ体験イベントが催された。

 硬いウロコや胸ビレを水平に広げたまま泳ぐことなどがサメによく似ていることからチョウザメの名前が付けられているが、実際は淡水魚で種類が異なる。性質はおとなしくて人なつこく、歯がないため、かまれる心配もない。大きいものは体長1mを超える。

 畑の中にある同施設には湧水(地下水)を引き込んだプールがあり、子どもたちは歓声を上げながらチョウザメと触れ合った。初声小学校5年生の豊岡史絵里さんは「ヌルヌルざらざらの感触。どじょうのような髭と目が可愛かった」と感想を話した。

 同施設では、2015年から三浦の新しい特産品開発をめざして約500匹のチョウザメを飼育。このほかにニジマスの養殖も手掛けている。

 本格的な流通や販売は来年以降を予定しており、現在は三浦海岸の「伊豆島」と「まつばら」でチョウザメ料理とキャビアが提供されている。

三浦版のローカルニュース最新6

コロナ対応で補正予算

三浦市

コロナ対応で補正予算 経済

リフォームや予防接種助成

9月25日号

”マイエコバッグ”を作ろう

”マイエコバッグ”を作ろう 文化

初声市民センターで講座

9月25日号

音楽監督に沼尻氏 就任

神奈川フィル

音楽監督に沼尻氏 就任 文化

22年から3年間

9月25日号

「薬膳でもっと元気に」

「薬膳でもっと元気に」 文化

10月25日に講座

9月25日号

身近な「温泉地」誕生

身近な「温泉地」誕生 社会

町田・森乃彩(もりのいろどり) 読者を招待

9月25日号

「いつまでもお元気で」

「いつまでもお元気で」 社会

長寿者19人に祝賀の品

9月25日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    8月28日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク