三浦版 掲載号:2022年1月7日号 エリアトップへ

横須賀市重文を美術館で 2点を特別展示

文化

掲載号:2022年1月7日号

  • LINE
  • hatena
《銅造観音菩薩立像》(部分)像高30.4cm、浄土寺蔵
《銅造観音菩薩立像》(部分)像高30.4cm、浄土寺蔵

 横須賀美術館(鴨居4の1)で特別展示「仏像と墨画 令和2年度の横須賀市新指定重要文化財」が開かれている。

 横須賀市は地域の歴史を伝える貴重な文化財を「重要文化財」として指定し、その保護を行っている。今回は、このうち昨年度指定された2点を同館で特別展示する。個人蔵の長島雪操「墨梅図」と浄土寺(西逸見町)蔵の「銅造観音菩薩立像」で、「地域に伝わる大切な文化財を間近に見ることのできる貴重な機会」と同館。同市が指定する文化財のうち「有形」は70点以上あるが、公開の機会が少ないのが現状。浄土寺では、この仏像が三浦按針に由来する「念持仏」とされていることから、毎年4月の「按針忌」法要で公開している。美術館で展示することは珍しく「多くの人に観てもらえる機会が増えるのは嬉しい」と同寺。

 もう1点の「墨梅図」は1890年前後の作で直系の子孫が所蔵。作者の長島雪操は八幡久里浜村の名主。この作品は独創的な雪操画の頂点に位置付けられている。

 展示の会期は4月3日(日)まで。

三浦版のローカルニュース最新6

いきいきシニア「元気の源」は

「篠笛」職人・水野 建比古さん(76歳)

いきいきシニア「元気の源」は 文化

5月13日号

良き時代のパリ、ポスター文化

横須賀美術館企画展

良き時代のパリ、ポスター文化 文化

ロートレックやミュシャなど113点

5月13日号

罪を背負い彷徨う男たち

罪を背負い彷徨う男たち 文化

佐向監督の最新作『夜を走る』

5月13日号

力作の絵画ずらり

力作の絵画ずらり 文化

第40回「彩青クラブ」展

5月13日号

軍都の名残りを歩く

横須賀中央・汐入

軍都の名残りを歩く 文化

市観光協会主催の歴史旅

5月13日号

平和祈る「百万本のバラ」

平和祈る「百万本のバラ」 文化

加藤登紀子さんコンサート

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook