神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
三浦版 公開:2023年6月9日 エリアトップへ

羽床総本店 伝統と革新で100周年 港町から魚食の魅力発信

経済

公開:2023年6月9日

  • X
  • LINE
  • hatena
記念セット商品を手にする山本代表
記念セット商品を手にする山本代表

 三崎を代表する名産品の一つ「元祖まぐろ漬」で知られる(株)羽床総本店(海外町)が、6月5日に創業100年を迎えた。老舗の味を守りながら、時代の流れや消費者需要に合わせて進化。「港町から魚食文化を伝えたい」という想いを胸に歩み続けている。

 創業1923年、初代の羽床伊太郎氏が横浜で米酒店を開業後、三崎へ移転。戦後、水産加工業を営んだ2代目により、売上の約7割を占める看板商品「まぐろ味噌漬・粕漬」が誕生した。現在代表を務めるのは、4代目の山本浩司さん。商社勤務を経て、2016年から事業を引き継ぎ、県内7店舗を経営する。

 近年では、県立海洋科学高校の実習船「湘南丸」で漁獲したカジキマグロや同三浦初声高校で栽培したトマトを材料にオリジナルカレーも考案。「地域とのつながりを再構築し、必要とされる存在になりたい」と次なる歴史を刻んでいく。

 15日(木)〜17日(土)には、各店舗と通販、オンラインで記念商品を30〜40%引きで限定販売する。

 問い合わせは同社【電話】046・882・2337

強くてやさしい信用金庫

新年は1月4日(木)より平常通り営業させていただきます。

https://www.shinkin.co.jp/kanagawa

<PR>

三浦版のローカルニュース最新6

電子書籍 導入は16自治体

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査 蔵書数、利用数に課題も

6月8日

「みんなで親父に近づけたら」

経済

「みんなで親父に近づけたら」

鈴木水産の代表取締役社長 鈴木淳さん

6月7日

親子や夫婦で登場 その後を追った

「見て覚えて、触ってなんぼ」

芸術

「見て覚えて、触ってなんぼ」

夢窯の共同代表の一人 田中史郎さん

6月7日

「地道にコツコツ続けたい」

文化

「地道にコツコツ続けたい」

チャッキラコ保存会の会長 秋本清道さん

6月7日

18年間で取材した400人の横顔ずらり

18年間で取材した400人の横顔ずらり

「かぎかっこ」を読むということ

6月7日

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook