神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
三浦版 公開:2024年3月29日 エリアトップへ

小網代の森保全NPO 小学生から寄付 横浜の6年生、学習契機に

社会

公開:2024年3月29日

  • X
  • LINE
  • hatena
6年生から目録を受け取る岸代表(右)
6年生から目録を受け取る岸代表(右)

 小網代の森の保全活動を行うNPO法人「小網代野外活動調整会議」に対し、3月16日、横浜市南区の太田小学校の6年生が寄付を行った。

 同校は京急沿線にあり、アクセスの良さも手伝い、2020年から小網代の森を環境学習の題材にしている。4年生で森を学び、5年生は宿泊学習で三浦を訪れ、森の散策などを行い、多年草の「ハマカンゾウ」を植える体験もしている。

 6年生が5年生時に森を訪れた際、同会議のメンバーからコロナ禍で企業からの寄付金が減り、活動に困難が生じていることを聞いた。これを受けて児童は「自分たちが何かできないか」と考えるようになった。

 児童は地元の飲料企業と連携し、「小網代助けてくだサイダー」というオリジナル商品を作り、昨年から学校行事などで販売。収益が出たことから、寄付を決めた。

 卒業式を間近に控えた16日、6年生代表3人が小網代インフォメーションブースを訪れ、同会議の岸由二代表に寄付金の目録を手渡した。児童の一人は「小網代には豊かな自然がある。この森のことを下の学年にも伝えたい」と話した。

 岸代表は「児童からの寄付は初めてでうれしい。植えてもらったハマカンゾウを大切にし、活動を三浦の子どもにも広げたい」と話した。小網代の森のハマカンゾウは東日本大震災の高潮などで個体数が減少。その後、同会議が中心になって繁殖・移植、野生復帰に成功しており、岸代表は「子どもたちの手で広げてほしい」と願った。

三浦版のローカルニュース最新6

移住・定住促進に連携協定

移住・定住促進に連携協定

三浦市×スルガ銀行

4月17日

三浦海岸「ねもマ」

三浦海岸「ねもマ」

ガラポンで景品ゲット

4月17日

五月人形と吊るし飾り

五月人形と吊るし飾り

三崎昭和館で特別展

4月17日

12市町村(三浦含む)で下落から上昇

2024年 公示地価

12市町村(三浦含む)で下落から上昇

価格トップ3は南下浦エリア

4月12日

人気店が三笠公園に集結

よこすかラーメン艦隊

人気店が三笠公園に集結

地元初の大型フェス

4月12日

潮風に揺れる桃色の花びら

金田 ソメイヨシノ

潮風に揺れる桃色の花びら

4月12日

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook