藤沢版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

10年かけ神奈川県内の「庚申塔」を調べ、1冊にまとめた 鷹取 昭さん 渡内在住 81歳

最後の仕事のつもりで

 ○…神奈川県内にある約6千基もの「庚申塔」を調べ、1冊の本にまとめた。由来から歴史、場所、形態など事細かに調査し、写真も加え分かりやすく紹介した。今までに例がない「設置場所一覧表」や「年代順一覧表」も掲載。本は270ページに及ぶ大作となった。「毎日、作業にかかりきりだった。正直、今はほっとしている。庚申塔に興味のある方の参考になると嬉しい」

 ○…10年前、健康のためにと散歩を日課にしていたが、「同じ道を歩いたって面白くない」と庚申塔に目を付けた。全国的に分布する信仰の石塔。全くの門外漢だったが、知り合いと地元藤沢を巡り始めると、その造形の面白さ、芸術性の高さにどっぷりはまり、東は川崎から西は山北、箱根まで県内を日を置かずに歩き回った。多いときで1日3万歩。土地の古老に尋ねたり、お寺や役所に出向いたりして、まだ見ぬ庚申塔を探し回った。「一つ探すのにも林の中、民家の庭隅など苦労は多かった。それでも県内の95%以上は所在を確認できた」と微笑む。

 ○…東京で生まれ、幼いときに東京大空襲を経験。強制疎開で山梨県上野原市に移り住んだ。6人兄弟の末っ子。大学を出ると、建設関係で電気工事の仕事に就き、定年まで勤め上げた。その前から趣味にしていたのが「城めぐり」。実はその道ではかなりの有名人で、全国の2000城を制し、「日本の名城100選」というホームページを主宰している。「昔の人の息吹を感じる」と魅了され続けている。庚申塔もその琴線に触れたようだ。一番のお気に入りは三浦にあるひとつ。「きれいに彫られた青面金剛に竜が巻き付いている。竜は珍しい…」と話は止まらない。

 ○…「自分の最後の仕事のつもりで作っていた」と本への思いを語る。自費出版で約100冊。市内では文書館と総合図書館に寄贈した。「たくさんの方のお蔭です。これで一区切り。発見していないものもあるので、ゆっくり調べたい」

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6件

渡邊 玲央(れお)さん

今月11、12日にニューヨークで開かれた「模擬国連」に日本代表として出場した

渡邊 玲央(れお)さん

5月25日号

山田 貴世さん

藤沢市俳句協会初の女性会長に就任した

山田 貴世さん

5月18日号

田村 友紀さん

県警科学捜査研究所で2人目の医学博士号を取得した

田村 友紀さん

5月11日号

柴田 憲男さん

認定NPO法人「おもしろ科学たんけん工房」の副代表・藤沢地区代表を務める

柴田 憲男さん

5月4日号

小沼 陽子さん

「ホームスクーリングで輝く未来TOWNプロジェクト」の代表を務める

小沼 陽子さん

4月27日号

楢井 進さん

4月1日付で江ノ島電鉄株式会社の社長に就任した

楢井 進さん

4月20日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク