藤沢版 掲載号:2018年3月2日号
  • googleplus
  • LINE

東日本大震災時の支援に感謝を込めた演奏会を毎年開いているシンガーソング・ライター 秦 万里子さん 鵠沼花沢町在住 61歳

等身大の思い、歌にのせ

 ○…災害復旧が進む一方で、支援してくれた海外への対応が遅れている――。新聞に載っていたそんな1文がきっかけだった。「音楽家の自分に何かできることはないか」。自問の末に辿り着いたのが、感謝の気持ちを歌に乗せること。震災と同年、米国出身のお笑い芸人と「Heroes 2011,Japan」を制作し、以来毎年3・11を前に、海外の人々に曲を届ける演奏会を続けている。

 ○…代名詞は「半径5mの日常を歌う音楽家」。家事や育児、介護。飾り立てず、主婦目線の日々をありのままに切り取った楽曲は、ときに笑いや涙を誘いながら聴衆の心をひきつける。「自分の役割は歌で皆を元気にすること。きれいごとが言いたい訳じゃない」。震災後、被災地に赴いた経験から手掛けた楽曲でもそのスタンスは貫いた。あえて被災者を励ます言葉を並べるのではなく、津波で子どもを失った人の悲しみや行き場のない憤りをそのまま歌に。当事者を代弁するかのような歌は多くの共感を集め、「やっと泣くことができた」。そんな声も寄せられた。

 ○…紆余曲折と形容するには余る波乱の人生を送ってきた。音大卒業後、米国の作曲家に弟子入りしようと渡米。帰国後30歳過ぎで結婚、双子を出産したが、娘が5歳のときに夫が蒸発。アスペルガー症候群を抱える娘を女手ひとつで育て上げながら、借金の返済や親の介護にも追われた。辛いときこそあった。だが、自らを不遇と憂いたことはない。「何が起きるか分からないのが人生。それにその経験がなかったら、今もなかったと思うから」

 ○…折しもこの3月はデビュー10周年の節目。思いの丈を問われると「あまり頓着がないの。周りに言われてようやく気が付いた」とからから笑う。ただ好きなことを生業にしてこられたことへの感謝は最近になって噛みしめている。音楽が自分にとってだけでなく、誰かを元気づけるものであれば歌い続けていくだけだ。これまでも、これからも。

<PR>

藤沢版の人物風土記最新6件

麻倉 未稀さん

このほど発足した「ピンクリボンふじさわ実行委員会」の実行委員長を務める

麻倉 未稀さん

7月20日号

細木 佳子さん

女声合唱団「きらきら湘南」の指導を務める

細木 佳子さん

7月13日号

泉原(いずはら) 凪沙(なぎさ)さん

6月に行われた水泳の県高校総体で最優秀選手に選ばれた

泉原(いずはら) 凪沙(なぎさ)さん

7月6日号

渡辺 重雄さん

地域環境美化功績者として環境大臣から表彰された

渡辺 重雄さん

6月29日号

斉藤 雄介さん

青年海外協力隊の一員としてウガンダで稲作を教えてきた

斉藤 雄介さん

6月22日号

脇田 貴之さん

プロサーファーで30年来、ハワイの「パイプライン」で大波に挑み続けている

脇田 貴之さん

6月15日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

楽しくお得な納涼祭

湘南台商連

楽しくお得な納涼祭

29日 原谷公園で

7月21日~7月28日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク