藤沢版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

認知症当事者の会でワイン講座を開催する 望月 省吾 さん 鵠沼在住 75歳

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena

自ら発信、原動力に

 ○…ワイナリーで働いていた経験を活かし、2年前に自ら参加している認知症当事者の会でワイン講座を開催した。鵠沼海岸にある亀吉で地元のシニアを対象に、自身が選んだワイン数本とおつまみ、楽しい講話が好評を博した。そのうち参加者が友達を連れてくるようになり、今では当事者以外の人も。「私と付き合うといいことあるよ」と明るい笑顔で話す。

 ○…社会人になった頃、酒がほとんど飲めなかった。缶酎ハイなどで少しずつ覚え、55歳でワイン会社に出向したのを機に、59歳でソムリエの資格を取得。「これが第二の人生の始まり」と表現する。定年後、「甲州ワインの魅力を広めたい」と、山梨県勝沼市のワイナリーに再就職。見学に来た客と距離を縮めるため、自ら「もっちと呼んで」とアピールし、「和食には甲州ワイン」と、情熱を注いでいた矢先に悲劇は起きた。

 ○…藤沢市の出身。高校時代から憧れていたマンドリンの演奏を、大学で始めた。卒業後医薬品メーカーに就職、さまざまな部署を渡り歩き、ワイナリーに転職し2年半が過ぎたころ、交通事故に遭い1年半の入院生活に。懸命のリハビリで、杖があれば歩けるようになったが、大好きだった仕事は辞めた。絶望の日々を救ったのは、マンドリン。iPhoneに伴奏用の曲を入れ、イベント会場で一人ライブ。「このまま終わりたくなった。考え方も前向きに変わった」

 ○…杖はデジカメのついた自撮り棒。SNS投稿用で、「くくりつければ忘れない」と、認知症とも向き合う日々。しかし、その工夫すら楽しむパワーがある。笑いが絶えない理由は、今を目いっぱいエンジョイすること。「ワインのある生活とマンドリンの魅力を知ってほしい」と、自ら発信しつづける姿に、元気をもらう人が多い。



藤沢版の人物風土記最新6

服部 功志さん

市民会館で12月4日に開かれる弁護士会支部サミットの実行委員長を務める

服部 功志さん

鵠沼在住 45歳

12月3日号

寺嶋 真弓さん

10周年を迎えた藤沢市倫理法人会の会長

寺嶋 真弓さん

茅ヶ崎市在住 43歳

11月26日号

高野 正基さん

学校法人湘南台学園理事長で県私立学校教育功労者表彰を受賞した

高野 正基さん

湘南台在住 68歳

11月19日号

こまつ あやこさん

自身3作目となる「ポーチとノート」を先月出版した児童文学作家

こまつ あやこさん

市内在住 35歳

11月12日号

西永 雄二さん

10月中旬まで初開催された「東リ町アートフェス」を発案した

西永 雄二さん

片瀬海岸在住 50歳

11月5日号

中野 晃太さん

映画『リテイク』に取り組む映画監督でNPO法人湘南市民メディアネットワークの代表

中野 晃太さん

善行在住 34歳

10月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook