神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
藤沢版 公開:2022年3月25日 エリアトップへ

藤沢市が認定する「藤沢マイスター」(造園師)に選ばれた 安藤 忠男さん 石川在住 74歳

公開:2022年3月25日

  • X
  • LINE
  • hatena

木をこしらえ、人を育て

 ○…「木と話をするんだよ」。庭木と向き合い、慈しむように語り掛ける。《枯れてくれるなよ。手をかけてやるからな》。それが後の幹や枝ぶりに現れる。眉唾だと思われるかもしれない。「でも、そういうもんだ」。卓越した技能者を市が認定する「藤沢マイスター」に選ばれた。「マイスター人として恥のないようやっていきたい」と穏やかに話す。

 ○…この道、55年。74歳の今も日々、職人として現場に立つ。かつて別荘地として栄えた鵠沼では、広々した庭を抱える屋敷も少なくなく、職人総出で手入れに出かけることも珍しくなかった。時代が変わり、分譲化が進んだことで大きな仕事は減ったが、その分、小さな庭づくりを楽しむ世帯から声がかかることが増えた。多様化したニーズに応えるため、顧客と意思疎通を図りながら各家庭の庭に合った剪定をするよう、心を砕く。

 ○…藤沢造園組合では過去に組合長も務め、後進の育成に力を注いできた。庭木の剪定と人づくりは通底するというのが信条。「単に枝葉を落とすのではなく、ゆくゆく立派な姿になるよう”木をこしらえる”のが植木屋。人間も同じ」。代表を務める安藤植木には10数人の従業員を抱え、地方から勤めに来る10代もいる。厳しく指導することもあるが、一人前に育つよう親心があればこそだ。「でも最近の子は少し注意しただけで辞めてしまうことも。これも時代かな」と頭をかく。

 ○…休みも植木を育てる畑に足を運び、剪定作業に精を出す。「手塩にかけた分、愛着がある。育つのが楽しみでね」と目尻にしわを寄せる。木をこしらえ、人を育てる。造園師としての仕事は己の人生そのものだ。「自分も育ててもらって今がある。伝えられるものは伝えていきたい」

藤沢版の人物風土記最新6

戸嶋 久徳さん

少年野球チーム「石川キッズ」創設者で監督を務める

戸嶋 久徳さん

石川在住 76歳

6月21日

石井 博之さん

藤沢市自治町内会連合会協議会会長に5月31日に就任した

石井 博之さん

鵠沼橘在住 88歳

6月14日

塚本 禎(てい)さん

「フランコ・グッリ・バイオリン国際コンクール」ソリスト部門で第1位になった

塚本 禎(てい)さん

辻堂太平台在住 24歳

6月7日

宮治 正志さん

公益財団法人藤沢市みらい創造財団の理事長を務める

宮治 正志さん

打戻在住 62歳

5月31日

片岡 信弘さん

善行雑学大学の代表理事を務める

片岡 信弘さん

立石在住 80歳

5月24日

相原 良美さん

5月1日付で、経営に関わる女性で構成される藤沢商工会議所女性会会長に就任した

相原 良美さん

川名在住 64歳

5月17日

㈱平和堂典礼

藤沢市辻堂神台2-2-41 0120-59-6999

https://heiwadou.com/sp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook