茅ヶ崎版 掲載号:2012年6月22日号

高校野球神奈川大会

西浜がダブル大役

選手宣誓&司会進行

お互いに190分の1の確率で選ばれた宇野優紀マネージャー(左)と栁田凌大主将
お互いに190分の1の確率で選ばれた宇野優紀マネージャー(左)と栁田凌大主将

 第94回全国高等学校野球選手権神奈川大会の開会式(7月8日(日)・横浜スタジアム)で、県立茅ヶ崎西浜高校の栁田凌大主将が選手宣誓を、宇野優紀マネージャー(いずれも3年)が司会進行をそれぞれ務める。

 6月9日に行われた組み合わせ抽選会で、参加190校の中から「94番」を引き当て”大役”に決まった栁田主将。「(引いた瞬間は)やってしまったという感じでした。しかし今は、冷静に『一生に一度、今年の神奈川大会では自分しかいない』と考え、とても光栄に思っています」

 「全力でやらないと部員も付いてこない」という信念を貫いてきた。原稿はその「全力プレー」をキーワードに、チームメイトと共に考え文章にまとめた。「震災から1年が経ち、依然復旧作業が続く被災地の方にも元気を届けたい。今年の神奈川大会は参加校全員が全力で戦えるような宣誓にしたい」と意気込む。

 一方、司会を務める宇野さん。渡辺晃監督から昨年の原稿を受け取り、何度も声に出して読み返す練習に励んでいる。「緊張して噛んでしまいそうで」とはにかむが、本番は強い想いで臨む。「司会の話を3年生マネージャーの3人にしたら『私がやります』と真っ先に立候補したのが、宇野でした」と渡辺監督は話す。宇野さんは「1年生の頃から『私もやれたらいいな』と憧れ続けていたので、生き生きと思い出に残る進行をしていきたい」と念願の大役を全うする。今年の夏は、試合前の2人の”全力プレー”にも注目だ。
 

賃貸物件の管理募集中!

繁忙期を前に空室などでお困りのオーナー様は、お気軽にお電話ください。

https://www.inaoka-h.com/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6件

空き家の活用を推進

松林チームが男女V7

第79回高南駅伝

松林チームが男女V7

1月20日号

57年ぶり40件下回る

2016年火災発生件数

57年ぶり40件下回る

1月13日号

ゲームで避難所運営体験

2,195人が門出

成人のつどい

2,195人が門出

1月6日号

鶴が台中 石井さんが最優秀

県地球環境保全ポスター

鶴が台中 石井さんが最優秀

1月6日号

関連記事(ベータ版)

茅ヶ崎版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク