茅ヶ崎版 掲載号:2016年8月19日号 エリアトップへ

茅ヶ崎道場勢が活躍 テコンドー全日本ジュニア

スポーツ

掲載号:2016年8月19日号

  • LINE
  • hatena
高野さん、小林さん、鈴木さん、青木さん(前列左から)。多田さん、坂巻さん、岡田さん(後列左から)
高野さん、小林さん、鈴木さん、青木さん(前列左から)。多田さん、坂巻さん、岡田さん(後列左から)

 8月7日に日野市市民の森ふれあいホールで行われた「全日本ジュニアテコンドー選手権大会2016」(日本国際テコンドー協会ほか主催)で、「テコンドー茅ヶ崎道場」(若松町・田部勝巳師範)に所属する選手たちが、優勝を含む入賞を果たした。

 大会では「トゥル」と呼ばれる「型」と、「マッソギ」と呼ばれる「実戦形式の組手」で競い、各競技種目で茅ヶ崎道場の選手が活躍。のべ人数で優勝4人、準優勝4人、第3位1人を輩出した。田部師範は「皆厳しい練習に取り組めたので、茅ヶ崎道場から出場した全員が入賞する結果がついてきた」と話す。

 今回、全日本の舞台で初優勝を果たした鈴木天海斗(たかと)さん(11)=松浪小5年=は「決勝戦では家族や道場のみんな、他道場の友だちも応援してくれて、力を出し切れた。本当に嬉しい」と笑顔を見せた。また、組手で優勝、型で第3位となった青木一翔(かずさ)さん(17)=アレセイア湘南高2年=は「9月の世界大会を見据えているので、今回は絶対に負けられないというプレッシャーの中で戦った」と振り返る。青木さんのほか坂巻翔太さん、岡田嵐士さんの3人は9月5日からイタリアで行われる世界ジュニアへの出場も控え、日々稽古に励んでいる。選手たちは「世界で活躍できる選手になりたい」と話した。

茅ヶ崎勢の入賞者

 今大会の茅ヶ崎道場からの入賞者は以下の通り(敬称略)。▽「10〜13歳男子トゥル赤帯の部」優勝・高野碧(ひかる)▽「14〜17歳男子トゥル赤帯の部」優勝・小林洋二朗▽「14〜17歳男子トゥル2段の部」準優勝・坂巻翔太、第3位・青木一翔▽「10〜11歳男子マッソギ+40kg級」優勝・鈴木天海斗▽「14〜15歳男子マッソギ-51kg級」準優勝・岡田嵐士▽「14〜15歳男子マッソギ-57kg級」準優勝・日下敬介▽「16〜17歳男子マッソギ-63kg級」準優勝・多田虎之輔▽「16〜17歳男子マッソギ+63kg級」優勝・青木一翔
 

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

危険箇所に歩道を整備

小出地区「七曲」

危険箇所に歩道を整備 社会

安全・利便性向上に期待

5月20日号

シーズン開幕戦、優勝飾る

シーズン開幕戦、優勝飾る スポーツ

BMX 内藤寧々さん

5月20日号

「浜降祭」3年連続中止に

「浜降祭」3年連続中止に 文化

コロナの感染拡大を考慮

5月13日号

みどりの愛護功労者に

萩桜会

みどりの愛護功労者に 社会

公園の植樹・美化活動が評価

5月13日号

アロハマーケットが復活

アロハマーケットが復活 社会

14・15日 ステージなど多彩

5月6日号

「補助金返還必要なし」

防犯灯電気料金返還請求訴訟

「補助金返還必要なし」 社会

地裁 自治会の訴え認める

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リュウアンベさん個展

リュウアンベさん個展

5月21日から8ホテルで

5月21日~5月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook