茅ヶ崎版 掲載号:2017年6月16日号 エリアトップへ

陸上競技 市内高校2選手が関東へ 鶴嶺・小清水さん、西浜・杉山君

スポーツ

掲載号:2017年6月16日号

  • LINE
  • hatena

 6月16日(金)から19日(月)まで千葉県で開かれる「関東高等学校陸上競技大会(インターハイ南関東地区予選会)」に茅ヶ崎市内から、鶴嶺高校3年の小清水瑠巳さんと、茅ケ崎西浜高校2年の杉山正悟君が出場する。

鶴嶺・小清水さん

 小清水さんは5月に行われた県予選で走幅跳2位(5m76)、三段跳2位(11m85)に入り、2種目で関東への切符を掴んだ。県では自己ベストを走幅跳プラス24cm、三段跳プラス83cmと大幅に更新。「走幅跳は元々関東を狙っていたので達成できてうれしい。三段跳はまさかという感じ」と喜びを話し「決勝では競技直前、自分の『行きます』の掛け声に部員が『はい』と答えてくれたのが大きな力になった」と続ける。

 小6の頃、地元のクラブで陸上を始めた小清水さん。当時は走る度に自己ベストを更新していたが、中学では伸び悩んだという。高校で陸上部入部後は、走幅跳の助走の歩数を変えずに中間マークの位置を変えるなど工夫を続け、安定して走れるように。努力が実り、高2秋の県新人戦で優勝。関東の舞台にも進んだ。陸上部顧問の上杉和弘教諭は「小清水さんは元々素質がある。自身が工夫を重ね、記録が伸びてきた」と話す。

 中井町在住の小清水さんは、休日には陸上経験のある父親とともに秦野の陸上競技場で練習するなど、日々関東に向け励んでいる。「さらに自己ベスト更新を目指し、その先の全国も狙いたい」と意気込む。

西浜・杉山君

 杉山君は、県予選で円盤投4位(38m81)、砲丸投5位(12m91)の結果を出し、2種目で関東への道を切り開いた。「円盤投では自己ベストは出たが目標の40mには届かず悔しかった。砲丸投はファールになっても良いくらいの気持ちで投げられて結果が出た」と振り返る。陸上部顧問の河野佑太教諭は「緊張することが多かったが、今回初めて練習よりも力を出せていた。真面目で歯を食いしばって練習に臨んでいる」と話す。

 市内浜竹在住の杉山君は、小・中学時代は藤沢ラグビースクールに所属。中学で体力をつけようと陸上部に入部してラグビーと両立する中で、フィールド競技に興味を持った。当時の顧問の勧めで砲丸投を始め、中学の県大会で見た実力ある選手の姿に刺激を受け、高校でも投てき種目を続けてきた。

 昨年秋の県新人戦で4位に入り頭角を現し始めた杉山君。「練習すると記録が伸びるのが面白い。一歩踏み出して一投でも良い記録を出せば勝利を掴めるのが魅力」と競技について語り、関東に向けて「砲丸、円盤に遠心力を乗せられるよう欲をかかずに向き合いたい。3年ではインターハイ出場と優勝を狙う」と話した。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

危険箇所に歩道を整備

小出地区「七曲」

危険箇所に歩道を整備 社会

安全・利便性向上に期待

5月20日号

シーズン開幕戦、優勝飾る

シーズン開幕戦、優勝飾る スポーツ

BMX 内藤寧々さん

5月20日号

「浜降祭」3年連続中止に

「浜降祭」3年連続中止に 文化

コロナの感染拡大を考慮

5月13日号

みどりの愛護功労者に

萩桜会

みどりの愛護功労者に 社会

公園の植樹・美化活動が評価

5月13日号

アロハマーケットが復活

アロハマーケットが復活 社会

14・15日 ステージなど多彩

5月6日号

「補助金返還必要なし」

防犯灯電気料金返還請求訴訟

「補助金返還必要なし」 社会

地裁 自治会の訴え認める

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リュウアンベさん個展

リュウアンベさん個展

5月21日から8ホテルで

5月21日~5月29日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook