茅ヶ崎版 掲載号:2017年6月30日号 エリアトップへ

茅ヶ崎市湘南スタイル 落書き防止アートが完成 地域の協力で西久保に

社会

掲載号:2017年6月30日号

  • LINE
  • hatena
式典の後、アートペイントがお披露目された=6月24日・茅ヶ崎中央IC交差点西側地下道
式典の後、アートペイントがお披露目された=6月24日・茅ヶ崎中央IC交差点西側地下道

 茅ヶ崎市とNPO法人湘南スタイル(藁品孝久理事長)による協働推進事業「落書き防止、抑制のためのアートペイント事業」の一環として、このほど茅ヶ崎中央IC交差点西側地下道のアートペイントが完成した。

 市と同法人が、昨年度から2カ年で実施している同事業。茅ヶ崎中央IC交差点西側と西久保橋東側地下道では、近年落書きの被害が目立ち、治安や景観を損なう要因となっていたことから、壁にアートペイントを施すことで落書きを防止しようと取り組んでいる。同事業には、茅ヶ崎市在住のクリエイターを中心に構成されるNPO法人3F Community Service(内田洋茂理事長)が協力している。

 ペイントのモチーフは西久保地区に伝わる民話「河童徳利(かっぱどっくり)」。昨年7月から浜之郷小4年(現5年)の児童113人からアイデアを募るワークショップを3回実施し、描く内容に対する意見交換、ペイント原案についての質疑応答、複数上げたデザイン案の投票などを行った。

 今年に入り、絵本作家の佐々木貴行さんが河童や人物、ペインターの森今日子さんが背景などを描き、3月には浜之郷小の児童がペイントを手伝うなど作業を進めて5月に完成させた。

後世に語り継ぐ『河童徳利』描く

 6月24日には、近隣の三堀園で完成に合わせた式典を実施。服部信明市長のほか、白川静子市議会議長、西久保自治会の佐々木幹夫副会長、河童徳利ひろば準備委員会の三堀勝弘委員長、浜之郷小の野上美津子校長のほか、同小の児童や保護者、地域住民など70人ほどが参加した。

 服部市長は「多くの方の力で出来上がったアートを行政も力となり大切にしていきたい」、藁品理事長は「小学校や住民、アーティストの協力でできた。落書きを防ぐだけでなく、ここが茅ヶ崎の街歩きスポットとなれば」と挨拶。森さんは「『河童徳利』を現代風にアレンジして描いた。茅ヶ崎には積み上げてきた歴史があり、一方で多くのアーティストが住んでいる。それぞれの良さを出した茅ヶ崎ならではの活動になったと思う」と振り返った。

 式典後、参加者はアートペイントを施した地下道に移動し、記念撮影を行った。今後は8月から西久保橋東側地下道の作業を開始し、11月末に完成する予定。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

「じゃがいもん」北海道で活躍

「じゃがいもん」北海道で活躍 教育

梅中生2人がキャラ制作

1月21日号

有料化控え申請増加

生ごみ処理機購入補助制度

有料化控え申請増加 社会

9カ月で前年比40件増

1月21日号

「松籟庵」が開館30周年

「松籟庵」が開館30周年 文化

茶道文化伝える拠点に

1月14日号

救急は905件増

2021年出動状況

救急は905件増 社会

火災は2件減 死者はゼロ

1月14日号

「地域創造大賞」を受賞

茅ヶ崎市美術館

「地域創造大賞」を受賞 文化

ユニークな企画が評価

1月7日号

官民連携しまちづくり

浜見平地区

官民連携しまちづくり 経済

4者協定を締結

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

ゆかりの人物館

茅ヶ崎人の芸能を紐解く

開高健記念館でも企画展

10月29日~3月27日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook