茅ヶ崎版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

茅ケ崎警察署管内 今年も詐欺被害頻発 県内初の対策チーム準備

社会

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena

 茅ケ崎警察署管内で、振り込め詐欺などの特殊詐欺が頻発している。管内では昨年の認知件数が105件と2011年の記録開始以来過去最多、県内でも2番目に多かった。今年もすでに前年同期に迫る件数となっており、同署は県内初のプロジェクトチームの立ち上げを進めるなど対策強化を図っている。

 全国的に被害が拡大している特殊詐欺。すでに今年も同署管内での認知件数が、1月末時点で昨年の8件に対し9件、2月も昨年の6件に対し3件となっている(2月19日現在)。

 特殊詐欺の手口の中でも、被害が著しく増加し、危険度も高いとされているのが「キャッシュカード手渡し型」だ。犯人が直接カードを取りに来るのが特徴で、同署管内でも今年の特殊詐欺被害12件中9件がこの手口による。

 同手口は金融機関など第三者を挟まないため、被害が発覚しにくいという。同署は「警察、カード会社、役所、裁判所、どんな相手であれ、カードを取りに来ること、暗証番号を聞かれることは絶対にない。『引き落としできない』『カードが不正利用されている』など言われると動揺してしまうかもしれないが、このことを肝に命じてほしい」と力を込める。

 同署では現在、県内他地域に先駆け3月中を目途に、署内に新たな「特殊詐欺対策プロジェクトチーム」の立ち上げを進めている。

金融機関らが機転水際で食い止め

 一方、金融機関などの尽力で、被害を水際で食い止めたケースもある。

 今年1月24日には、茅ヶ崎香川郵便局の職員・丹羽由香里さんが、来店した高齢男性に対する振り込め詐欺を未然に防ぎ、2月5日に同署から感謝状が贈呈された。

 また管内の銀行に対し、高齢者がATMの引き出し上限額である100万円を超える預金引き出しを行った場合、すべてを報告する全件通報を依頼している。同署は「被害を1件でも多く防ぎたい」と意気込む。

丹羽さん(中央)
丹羽さん(中央)

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

被害の2/3が無施錠

自転車盗半期調査

被害の2/3が無施錠 社会

茅ケ崎署「鍵かけ徹底を」

7月23日号

産前産後の悩み手助け

産前産後の悩み手助け 社会

助産師会が冊子作成

7月23日号

「孤立する子どもの居場所に」

「孤立する子どもの居場所に」 社会

南湖に「多世代ハウス」が誕生

7月16日号

かながわブランドに登録

トルコナス

かながわブランドに登録 社会

市内若手農家が栽培

7月16日号

空手で「強化選手」に

香川在住三川さん

空手で「強化選手」に スポーツ

8月にはインハイ出場

7月9日号

小学校向け防災教材作成

茅ヶ崎市

小学校向け防災教材作成 教育

地域ごとのリスク紹介

7月9日号

えぼしいわ夫とひんやりサマー

ひんやりギャグ大募集&チケットCP

https://www.lusca.co.jp/chigasaki/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter