茅ヶ崎版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

再び奏でられた“小出の宝” 70年前のピアノ復活

社会

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
お披露目会で小出小児童たちが演奏
お披露目会で小出小児童たちが演奏

 小出小学校の校長室に眠っていたピアノが、地域住民の寄付金によって修復され、5月6日に同校体育館でお披露目された。約70年前に学校へ寄贈されたピアノのやさしい音色に、200人ほどが詰めかけた会場は温かな雰囲気に包まれた。

 戦後間もない1948年、小出村の住民たちが名産だったサツマイモをお金に換えたり、寄付金を募ったりして小出小に寄贈した1台のヤマハ製ピアノ。授業や卒業式で子どもたちに寄り添ってきたピアノだが、月日が経つにつれ故障を繰り返すように。76年頃には新しいピアノが同校へやって来たため、古いピアノは影を潜め、断線や鍵盤が壊れた状態のまま近年は校長室に置かれていた。

 転機は2017年3月。当時の校長・野木直樹さん(62)が卒業式の参列者にピアノの復活を訴え、地域団体「小出地区まちぢから協議会」が呼応。修復に向け、目標額100万円の寄付活動を同年10月にスタートさせた。地域からの善意は予想を上回り、125万円に到達。1年前に業者へ修理を依頼しピアノは甦った。

演奏児童「いい音色」

 お披露目では、小出小児童や卒業生の北陽中生徒らが演奏。『ボギー大佐のはとぽっぽ』を姉妹で奏でた西山幸花(さちか)さん(小6)・心乃花(このか)さん(小3)は「軽くて弾きやすく、いい音色。また弾きたい」と笑顔を見せた。復活へ向け尽力したまちぢから協議会・鈴木暹(すすむ)さん(83)は「ピアノは小出の宝。次世代に引き継ぎ、茅ヶ崎の宝になってほしい」。

 ピアノは、同校創立150年を迎える4年後までは学校に保管され、その後は校外も含め設置場所を検討していく。なお、調律などピアノの維持を目的に寄付は継続して受付。(問)鈴木さん【携帯電話】090・1123・4041

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

駅南飲食活況にボールあり

駅南飲食活況にボールあり 経済

店員と利用客が続ける交流

10月18日号

小学生が取材・編集「壁新聞」

小学生が取材・編集「壁新聞」 教育

南湖公民館で展示中

10月18日号

ヘア担当で「ミラコレ」に参加

close up!

ヘア担当で「ミラコレ」に参加 文化

STYLE茅ヶ崎店の磯崎さん

10月11日号

姉妹都市5周年祝い企画

茅ヶ崎×ホノルル

姉妹都市5周年祝い企画 文化

ビーチクリーン、写真展など

10月11日号

「ゴルフダイジェスト」が運営へ

茅ヶ崎ゴルフ場

「ゴルフダイジェスト」が運営へ 経済

県が優先交渉権者を選定

10月4日号

「女でも、男でもない」

closeup!

「女でも、男でもない」 社会

小林このみさん描いた作品上映

10月4日号

経営改善へ具体策

茅ヶ崎市立病院

経営改善へ具体策 社会

救急受け入れ拡充など

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク