茅ヶ崎版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

3年後にごみ有料化へ 40リットル袋は1枚80円

経済

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena

 茅ヶ崎市は8月19日、市役所で開いた市議対象の全員協議会で、2022年4月からごみ有料化を開始することを盛り込んだ「茅ヶ崎市ごみ減量化基本方針(素案)」を明らかにした。ごみ減量策の柱として、啓発の強化、剪定枝の資源回収開始とともに示された。

 現在、市ではごみ処理に毎年度30億円超の経費をかけている。市税収入の増収が見込めない一方、処理経費が増大していく想定から、市は「ごみ処理を継続させていくためには、ごみ減量で経費を削減するとともに、新たな財源確保が必要不可欠だった」と説明する。

 有料化は、国が07年に作成した「一般廃棄物処理有料化の手引き」と、他地域の前例を参考に設定。有料化後は、指定のごみ袋を購入する必要があり、家庭ごみに使う40リットルのごみ袋は1枚80円、10枚セット800円で販売される。可燃不燃兼用の持ち手つき袋で、5リットル・10リットル・20リットル・40リットルの4種類。市内、市境近辺のスーパーやコンビニなどの指定販売店で、10枚1セットで販売する予定だ。

戸別収集見送り集積場所拡大へ

 ごみ減量化基本方針の中で、有料化と並行して検討されていた「戸別収集」は、財源確保の問題などから、現段階では導入が見送られることになった。

 代替施策として、ごみ集積場所が増やせるよう設置基準を拡大方向で見直すほか、高齢者や障害者世帯などを対象に実施している戸別回収「安心まごころ収集」の拡大などを具体的に検討していく。また、剪定枝の資源回収開始と、22年4月からの大型ごみなどの処理手数料の改訂も検討されている。

県内4市が導入済

 国は、ごみ排出者である市民・事業者にごみ処理に要する費用の一部を手数料として負担させる、ごみ有料化を推奨している。18年度時点でこの方針で有料化を実施している自治体は、全国の63・8%。県内では19市のうち大和市、藤沢市、鎌倉市、逗子市の4市が導入しており、海老名市でも今年度の移行を予定。小田原市も指定ごみ袋を販売しているが、処理手数料をごみ袋の金額と併せて販売する国の指針とは異なり、価格をごみ袋自体の経費に留める方式となっている。

 茅ヶ崎市では17年に、ごみ処理問題が施政方針で示され、有料化の話が具体的に動き出した。市資源循環課を中心に約2年をかけごみ処理に対する要望も含めた意見交換会を行い、今回の基本方針に反映させた。

最終処分場期限33年に迫る

 資源循環課は「市民の方の負担が増えてしまうことは心苦しい」と話しつつ、ごみ焼却処理施設の設備機器耐用年数と、堤十二天一般廃棄物最終処分場の使用期限が33年までと迫っており「啓発活動を中心としたこれまでのごみ減量対策には、時間的な限界もあった」と理解を求めた。

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

ヘア担当で「ミラコレ」に参加

close up!

ヘア担当で「ミラコレ」に参加 文化

STYLE茅ヶ崎店の磯崎さん

10月11日号

姉妹都市5周年祝い企画

茅ヶ崎×ホノルル

姉妹都市5周年祝い企画 文化

ビーチクリーン、写真展など

10月11日号

「ゴルフダイジェスト」が運営へ

茅ヶ崎ゴルフ場

「ゴルフダイジェスト」が運営へ 経済

県が優先交渉権者を選定

10月4日号

「女でも、男でもない」

closeup!

「女でも、男でもない」 社会

小林このみさん描いた作品上映

10月4日号

茅ヶ崎支部 28年ぶり団体V

茅ヶ崎支部 28年ぶり団体V スポーツ

全日本サーフィン選手権大会

9月27日号

経営改善へ具体策

茅ヶ崎市立病院

経営改善へ具体策 社会

救急受け入れ拡充など

9月27日号

対象外世帯に補助を

幼児教育・保育の無償化

対象外世帯に補助を 教育

陳情を市議会が採択

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク