茅ヶ崎版 掲載号:2020年1月10日号 エリアトップへ

「産後ケア」の輪 広がる 浜見平でママが交流

社会

掲載号:2020年1月10日号

  • LINE
  • hatena
談笑するママたち
談笑するママたち

 出産後の体調不良や育児への不安を抱えがちなママを支援する「産後ケア」が、茅ヶ崎市内で広がりを見せている。昨年12月には、子育て中の母親の居場所づくりに取り組む団体「ママほぐ」(高村えり子代表)が「ママほぐ―産後カフェ―」を初めて開催した。

 このイベントは、生後11カ月までの乳幼児とそのママが対象。月ごとに3人の講師が会場「ハマミ食堂カオトオカ」(浜見平)のスペースで、育児による肩こりや腰痛を和らげるマッサージ体験、臨床心理士による相談室を開く。また、子育て経験豊富な先輩ママが「見守りママ隊」として受講中のママに代わり、子どもを見守っている。

 今後の開催日は1月21

日(火)、2月18日(火)、3月17日(火)の午前10時30分から午後0時30分を予定。参加費は1600円(カフェ付き)。要予約で定員親子15組。

 予約・問い合わせは、ママほぐ【メール】mamahogu@yahoo.co.jpへ。

「助けて」言える場所を

 「え、どこで産んだ?私もそこだったよ!」「保育園はどこがいいかな」―。12月17日の初回には、生後間もない乳幼児とママたち7組14人が集まった。子どもたちの横で、ママたちは穏やかな表情で育児話に花を咲かせていた。

 南湖在住の須田友香さん(28)は、生後3カ月の歩ちゃんと参加。「1人目の子どもで、分からないことがいっぱいだった。夫が2カ月ほど育休を取得して支えてくれたが、今はその期間も終わり不安だった」と口にする。相模原市から生後6カ月の夢ちゃんと訪れた福田麻美さん(30)は、「こうした居場所を探していた。多くの人と子どもが接することで、泣く回数も減った気がする」とほほえむ。

 ママほぐの代表で、ボディセラピストの高村えり子さん(33)は、「一番大切なのは、お母さんが地域で『助けてほしい』と言える場所を作ること。幸せな子育てのお手伝いができれば」と定期的な開催へ意気込んだ。

見守りママ隊に相談する新米ママ(左)
見守りママ隊に相談する新米ママ(左)

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

茅ヶ崎から野口さん応援

茅ヶ崎から野口さん応援 教育

9月下旬以降に宇宙へ

8月14日号

時代の変化見つめる「えぼし岩」

時代の変化見つめる「えぼし岩」 文化

戦前から戦後、コロナ禍まで

8月14日号

避難所のコロナ対策、着々

避難所のコロナ対策、着々 社会

隔離テントなど配備

8月7日号

アレセイア、新体制始動

アレセイア、新体制始動 スポーツ

高校・女子バスケ部

8月7日号

3密避け「立ち飲み夜市」

機動湘南グルメ市場

3密避け「立ち飲み夜市」 経済

ウィズコロナで変化続ける

7月31日号

「最後まで諦めずに」

高校野球

「最後まで諦めずに」 スポーツ

独自大会に市内5校出場

7月31日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク