茅ヶ崎版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

財源不足、聖域なき見直しへ 市が緊急対策の素案示す

政治

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena

 茅ヶ崎市は1月24日に記者会見を開き、今後予想される財源不足に対応する「茅ヶ崎市財政健全化緊急対策」の素案を発表した。「聖域なき見直し」を掲げ、職員の人件費削減や補助金の縮小などを盛り込んだ。

 茅ヶ崎市は2020年度をピークに人口減少が見込まれている。そのため歳入の根幹である市税の伸びは期待できず、高齢化による社会保障関連の経費増加、公共施設整備の際に発行した市債(市の借金)の返済が本格化することで、財源不足が懸念されている。さらには、先送りとなっている既存施設の修繕、待機児童対策、災害対策といった新たな経費の捻出も必要となってくる。

 市の推計によると、次期総合計画がスタートする2021年度から2030年度の間に、年間約30〜55億円の財源不足が生じる可能性がある。それに備え、次期総合計画の前年にあたる2020年度からの3年間を財政健全化への取り組み期間とした。

 主な対策としては、約2200人いる職員の人件費や補助金の見直しなどで歳出を削減し、公共施設の命名権(ネーミングライツ契約)の導入をはじめとした市有財産の活用などによる歳入確保のほか、市立病院の経営改善などが素案に盛り込まれた。

補助金事業大幅に削減

 今年度の補助金で見れば、161件(総額約29億円)のうち、市が単独で交付する132件については、今後は廃止、休止または削減となる。また、新規の補助金は認めないとしている。

 茅ヶ崎市では、今回ほどの大規模な財政健全化対策は初めてで、記者会見で佐藤光市長は「行政サービスをしっかり担保できるよう、前例に捉われない大胆な決断をしていく必要がある」と述べた。

 財政健全化緊急対策の素案に関し、市はホームページや公共施設の意見箱などで2月21日(金)までパブリックコメントを募集中。4月に緊急対策を策定し、2020年度中にアクションプランを作る。(問)市財政課【電話】0467・82・1111

小清水仏壇店

お彼岸ご奉仕会開催中!

http://www.chigasaki-saijyou.com/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

苦境も市民ケアに重点

苦境も市民ケアに重点 政治

茅ヶ崎市の来年度予算案

2月26日号

接種は個別・集団・巡回

新型コロナワクチン

接種は個別・集団・巡回 社会

1日からコールセンター開設

2月26日号

「コロナ長期化」で苦境

「コロナ長期化」で苦境 経済

イチゴ農園、アパレルなど

2月19日号

活況「おうちでカルチャー」

活況「おうちでカルチャー」 文化

オンライン映画祭・美術展

2月19日号

浜須賀小でコロナ募金

浜須賀小でコロナ募金 コミュニティ教育

医療従事者や困窮者のため

2月12日号

日本酒「缶」でコロナ打開

日本酒「缶」でコロナ打開 経済

(株)アグナビ クラファン好調

2月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク